もはや安全ピン不要!マラソンのゼッケン留め「BIBFIX」の使い方

マラソン ゼッケン 付け方

マラソンのゼッケン留めBIBFIXを使ってみた

どうも、Kenです。辛味チキン、一丁。

 

マラソン大会に出場すると必ずやらなければならないのが、

ウェアにゼッケンをつける

ということですよね??

一般的には、安全ピンでゼッケンをとめるという方法が取られてきましたが、この方法にはいくつかのデメリットがあります。

  • 安全ピンの針はちょっと危険である
  • 危険物の処理にこまる
  • うまくいかないと、ウェアの表と裏がくっつく
  • 一度きりの使用なのでエコではない

などの問題点がありました。

 

そんな問題点を払拭するために誕生したのが、

ゼッケン留め

というアイテムです。これならば何回でもゼッケンを留められますし、針ではないので安全ピンよりも極めて安全に使うことができるものです。

今日はそのゼッケン留めの内、ヨーロッパで生まれたBIBFIXというゼッケン留めを 入手したのでその使い方を忘れないうちにメモしておきます。

 

 

マラソンのゼッケン留めBIBFIXとはどんなアイテムなのか??

まずはBIBFIXというマラソンのゼッケン留めの基本構造をみていきましょう。

  1. 凸パーツ
  2. 凹パーツ

という2つのパーツによって成り立っておりまして、

マラソン ゼッケン留め おすすめ

この2つのパーツの間に、

  • ゼッケン

を挟み、ぱちっととめることができるのです。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

凹パーツは縦1cm 横2.3cm、凸パーツは直径1cmぐらいの大きさ。

2つあわせた質量は0.9gの小柄なアイテムなので、4つでゼッケンを止めても3.6gの重みにしかなりません。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

このBIBFIXの使い方は次の通り↓

 

Step1. ゼッケンをセットする

まずはゼッケンのポジションをセットしましょう。

安全ピンを使うおうが、ゼッケン留めを使おうが、ゼッケンのポジションは同じ。

  • 両脇の結んだラインの上にゼッケンの上部を置く
  • ゼッケンと服の中心線を合わせる
  • ロゴはなるべく見えるようにする

という原則を元にゼッケンのポジションを決めてみましょう。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

 

Step2. 凸パーツを服の内側に仕込む

まずはこちらの白い凸パーツを使っていきます。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

こいつをゼッケンをつけたい服の内側に仕込みます。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

ゼッケンを固定したい部分にあたる服の内側に、この白いパーツ押し込めば OK です。

その上にゼッケンをかぶせてスタンバイオッケーですね。

 

 

Step3. 凹パーツを留める

凸部分が服の内側に設置できましたら、その上からゼッケンと服を押さえ込むように凹パーツをパチッと留めてみましょう。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

すると、服とゼッケンが見事に留まり、こんな感じで石鹸が服に固定できたと思います。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

この作業をゼッケンの4隅で同様に行います。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

するとこんな感じで安全ピンと同様にゼッケンをとめることができると思います。

マラソン ゼッケン留め おすすめ

 

 

BIBFIX専用穴あけパンチがあるらしい

以上がマラソンゼッケン留めのBIBFIXの使い方でした。

が、

BIBFIXにはじつは、

専用の穴あけパンチ

というものが存在しています。

製造元の推奨では、

ゼッケンに直径約1cm の穴を開けると使いやすくなる

と書いてありまして、その穴をあけるパンチが存在しているのです。

穴を開けておくと、凸パーツの凸部分をそのままゼッケンの穴に通すことができるため、ゼッケン留めの安定性が高まり、外れる恐れが少なくなるようです。

ただ、これはあくまでもオプションなので、これまで紹介したようにパンチで穴を開けなくてもゼッケン留めは利用できるのでご安心ください。

 

 

安全ピンが苦手な方はマラソンのゼッケン留めを利用しよう

以上がゼッケン留めの使い方でした。

やはりゼッケン留めを使うと、

服と服の前後がくっつかないし、安全ピンの危険にも晒されないし、安全でエコにゼッケンをつけて走ることができます。

安全ピンをつけて走ることが苦手な方はマラソンのゼッケン留めを利用してみてくださいね。

 

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す