Fitbit Blazeの時計ディスプレイのおすすめデザインランキングTOP9

Fitbit Blaze 時計

Fitbit Blazeの時計デザインって変えられるってほんと??

どうも、Kenです。座布団、携帯したいですね。

 

ランニング心拍計としても使えるウェアラブルデバイス「Fitbit Blaze」。

世の中には数々のFitbitシリーズの種類が存在しています。

中でもFitbit Blazeは時計の形に一番近く、高いファッション性を誇る代物。

 

なんといっても、このFitbit Blazeでは、

時計のディスプレイのデザインをいとも簡単に変更できてしまうのです。

ふつうの腕時計だったら、時計盤のデザインは変更できませんよね??

購入したら一生そのデザインを見続けなければいけませんが、Fitbit Blazeなら話は別。

なんと、合計9種類もの時計デザインから選べてしまうのです。

 

 

Fitbit Blazeの時計デザインの変更方法

それでは、どうやったらFitbit Blazeの時計デザインを変更できるのでしょうか??

 

まず、Fitbitアプリのトップ画面から、Fitbit Blazeのアイコンをタップします。

 

Fitbit Blaze アラーム機能

 

設定メニューから「時計ディスプレイ」を選択。

 

Fitbit Blaze 時計

 

すると、Fitbit Blazeの時計ディスプレイが選べる画面に遷移します。

 

Fitbit Blaze 時計

 

時計ディスプレイのデザインは9種類から選べます。

お好きなものをチョイスしてくださいね。

 

 

Fitbit Blazeの時計ディスプレイランキングTOP9

せっかくなので、9つの時計ディスプレイのランキングを独断と偏見でつくってみました。

 

第9位 フレア

Fitbit Blaze 時計

時計表示はデジタルですが、時計の数字の周りに何やら炎らしきものが取り囲んでいます。

この炎は、

9時間でどれくらい運動した時間があったのかを表しています。

1時間で250歩以上歩けばステージクリアで、見事にフレアが点灯する仕組みになっていますね。

 

 

第8位 モーメント

Fitbit Blaze 時計

お次はモーメントというFitbit Blazeの時計デザイン。

特徴としては、

2つの指標の進捗を一度に確認できるという点です。

日付の下に、

  • 現在の心拍数
  • 今日の通算歩数

が記されているのです。

いちいちFitbit Blazeをタップして画面を進める必要がないので操作が楽!

 

 

第7位 ポップ

Fitbit Blaze 時計

続いてランクインしたのは、ポップな時計ディスプレイで有名な「ポップ」。

ものすごくシンプルに構成されているのが特徴。

時計のディスプレイをタッチすると、万歩計、現在の心拍数、今日現在までの消費カロリーが表示される仕様になっています。

 

 

第6位 サーキット

Fitbit Blaze 時計

時計の針バージョンのFitbit Blazeのディスプレイ。

右下の足跡の表示で、今日の目標に対する歩数の進捗がわかるということです。

黄色の線が、靴の周りを一周していたら目標達成ということですね。

万歩計の進捗だけでなく、移動距離や階段などの目標に対しての進捗にタップすれば切り替えることができるのです。

 

 

第5位 アーガイル

Fitbit Blaze 時計

Simple is the bestのデザインアーガイル。

このデザインは本当にシンプルで、現在時刻をデジタル表記し、曜日を英語、心拍数を現在試行系で確認できるのがいい。

服装をシックに固めた時に設定したいFitbit Blazeの時計デザインです。

 

 

第4位 ゾーン

Fitbit Blaze 時計

デジタル表記の「ゾーン」という時計ディスプレイ。

ディスプレイのカラーが歩いた歩数に連動しており、一日の目標に近づくにつれて徐々に灰色からオレンジ色に変化するようになってます。

ディスプレイ全体で目標達成具合を伝えてくれるわかりやすい腕時計ディスプレイ。

 

 

第3位 エース

Fitbit Blaze 時計

「エース」という名前の通り、組織のエースやルーキーが着用していそうな時計ディスプレイ。

黒背景で高級感を醸し出している同時に、万歩計などの目標進捗がおえる仕様になっています。

リッチな自分を演出したい時にオススメの時計ディスプレイ。

 

 

第2位 ノーチカル

Fitbit Blaze 時計

針タイプでシンプルなノーチカル。

こいつの特徴は何と言っても、

時計盤の数字の表記がおしゃれな点でしょう。

ここまで紹介した時計針タイプのディスプレイは、盤のメモリに数字が入っていませんでしたが、ノーチカルは別物。

12・3・6・9という4つの時間の数字を挿入しています。

 

 

第1位 オリジナル

Fitbit Blaze 時計

どこにどう転んでいろんなデザインを試しても、「オリジナル」にはやっぱり勝てません。

万歩計の目標に対する進捗具合がメーターのように色付けされていて、一目でどれくらい今日歩いたのか?ということが丸わかり。

しかも、真ん中のハートをタップすれば、心拍数だけでなく、他の進捗(階段数、移動距離など)だって確認することができます。

 

 

Fitbit Blazeの時計デザインはありすぎて一生飽きない

Fitbit Blazeの時計デザインは1分ぐらいで変更できます。

しかも、デザインの種類が豊富でいろんなタイプの時計に変身させることもできます。

今現在、全部で9種類のデザインを兼ねそろえているので、楽しみ方は9通り。

 

気軽に試せるので、お気に入りのFitbit Blazeの時計デザインを模索してみてくださいね。

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

コメントを残す