【スマホ・Gopro対応】自撮り棒・三脚として使えるアイテムの使い方

gopro 自撮り棒 三脚

 Goproの自撮り棒、三脚が欲しい!

どうも、Kenです。ライス、混ぜてます。

 

自分に身につけて使えるカメラウェアラブルカメラGopro。

ランニング動画を撮影するために購入して実際ランニング動画撮ってきたりしましたが、

このGoproの機能拡張をさせるアイテムがあります。

それは

自撮り棒、三脚

というものです。

gopro 自撮り棒 三脚

自撮り棒を使えば自分が走っている姿を上から撮影できることも出来ますし、三脚を使えば自分のランニングフォームを遠目から確認することができます。

だがしかし、普通はこのGoproの自撮り棒と三脚は別物。純正の商品をみてみると、

こちらがGoproの自撮り棒で、

こちらが三脚になります。

自撮り棒と三脚はほとんど棒、という点で商品の構造が似ているのにも関わらず、Goproは別々の商品として販売しているので両方調達すると料金が高くなってしまいます。

そんな悩みを解決したのが、

Goproの三脚、兼、自撮り棒

という最強のアイテムです。

Gopro純正のアイテムではないものの、大変便利そうでしかもGoproの純正のアイテムよりもだいぶお得感があったので早速購入して使ってみました。

その名も、

AGP tek のスマホ調アルミ合金自撮り棒三脚

です。

この自撮り棒、三脚はなんとGoproカメラだけでなくスマホにも対応しているのです。

今日はこのGoproの三脚、兼、自撮り棒の使い方を分かりやすくまとめてみました。

Goproに最強の二つのアイテムを加えることで、さらに優れたスポーツ動画を撮っていきましょう。

 

 

Gopro自撮り棒・三脚として使えるアイテムの使い方

梱包内容はこちらになります。

  • 自撮り棒
  • 三脚
  • リモコン
  • Goproアダプター
  • スマホのアダプター
  • リモコンを取り付けるアダプター

の6つの商品が入ってます。

gopro 自撮り棒 三脚

これらのアイテムを使用すると次の実の使い方ができるようになりますよ。

 

Gopro自撮り棒として利用する

まずグリップ部分が柔らかくなっている機材を取り出しましょう。

gopro 自撮り棒 三脚

こちらは自撮り棒アイテムです。

 

先端には三脚のネジが設置されており、ここにスマホかGoproを装着することができます。

こちらのスティック部分を右に回して伸ばしてやると長さを自由に変えることができます。

gopro 自撮り棒 三脚

伸縮長さは

cm からcm までです。

これにより、Gopro自撮り棒を持ちながら自分のランニング姿を撮影し、普段の目線よりも高いところからランニングしている自分の姿を撮影できるでしょう。

 

Gopro三脚として利用する

続いて先ほどの自撮り棒に次の三脚部分を装着します。

gopro 自撮り棒 三脚

するとこのように、先ほどの自撮り棒部分を伸縮可能な自撮り棒部分を三本の足で支えることが可能となり

gopro 自撮り棒 三脚

安定した状態で三脚を設置することができます。

 

ま先端は先ほどの自撮り棒部分となっていますので、自撮り棒部分と三脚部分を合わせて、

cm から cmまで伸縮可能です。

gopro 自撮り棒 三脚

ある程度高さがあるので、遠目はもちろん近場でもGopro三脚を設置する足台などを儲ければ十分に撮影できてしまうでしょう。

 

スマホかGoproをセットする

こちらの自撮り棒三脚には、

  • Gopro
  • スマホ

の2通りのアタッチメントが付属されています。

gopro 自撮り棒 三脚

故にスマホで撮影できますし、Goproカメラをセッティングして自撮り棒、三脚の機能を使うことが可能なわけです。

 

Goproを取り付ける

Go pro のアタッチメントはこいつです。

gopro 自撮り棒 三脚

いつものようにまずネジを緩めて、そこにGoproカメラのみぞを差し込み、ねじを締めてカメラを固定してやりましょう。

gopro 自撮り棒 三脚

これまで使ってきたGoproのアタッチメントと同じ使い方なのですぐわかるでしょう。

スマホを取り付ける

スマホを固定する方法です。この長方形のアタッチメントを自撮り棒の先端につけてやりましょう。

gopro 自撮り棒 三脚

この長方形は側面が一方向に伸縮可能でありまして、

gopro 自撮り棒 三脚

~cm から〜cm

のスマホの横幅に対応することができるので、対応していない機種というのはなぜ存在していないと言っても過言ではないでしょう。gopro 自撮り棒 三脚

 

また、このアタッチメントには横方向・縦方向に2つにネジが組み込まれているので縦に設置してもいいですし、また横にスマホを設置してもいいですね。

gopro 自撮り棒 三脚

より柔軟なスマホの固定角度が可能になります。

 

リモコンを使って遠隔操作する

最後にリモコンの使い方。

gopro 自撮り棒 三脚

AGPTEKの 自撮り棒には小さな Bluetooth 対応のリモートコントローラーがついてます。

こちらは設定するとスマホでのカメラ操作が可能となります。残念ながらGoproカメラには対応しているわけではなく、スマホのみのようです。

設定方法は簡単。

まず、リモコンの電源をオンにします。青色のLEDが点灯するはずですね。

 

お使いのスマホの Bluetooth 設定から、

Shutter Camera

という Bluetooth に接続してください。

リモコンのシャッターボタンを押したりすると、カメラをリモートコントローラーで撮影できたり、レンズを拡大縮小をこちらのリモコンで行うことができます。

 

また、このリモコンを自撮り棒に取り付けられるアダプタも付いているので、スマホ自撮り棒に対してリモコンで操作できることになりますね。

gopro 自撮り棒 三脚

ただシャッター、拡大以上のアクションである、

  • 動画の撮影
  • カメラの切り替え(アウト・インカメラ)

に関しては関しては専用のスマートフォンカメラアプリをダウンロードする必要があります。

その名もBT shutter というアプリです。

 

BT Shutter

BT Shutter

こちらは iPhone と Android の両方のバージョンが出ていますので、もし録画機能カメラの切り替え機能を使いたいという方はこちらよりインストールしてみてくださいね。

 

通常のデフォルトのカメラアプリですと、カメラのシャッター機能とレンズの望遠機能しかリモコンで操作できないので要注意です。

また残念ながらGoproカメラはリモコンで操作できません。

Goproのリモコンを調べてみたところ、専用の純正コントローラーが存在しているようなのでこちらで対応機種を確かめて購入するのが良いかもしれません。

ただ、Gopro(Gopro Hero 5 Session、Gopro Hero Black以降のシリーズ)ではあろうことか音声入力という機能が存在しています。

つまり声によるリモートコントロールできるというわけです。リモコンはどうしても必要な方が買えばいいと思います。

 

 

さあ、Gopro の自撮り棒・三脚を同時に使いこなしてみよう!

以上がGoproカメラの自撮り棒としても三脚としても使える最強のアイテムでした。

gopro 自撮り棒 三脚

商品名がついていないのでなんと呼べばいいのかわかりませんがとにかく優れています。

伸縮可能なスペックなどを細くまとめておくので、撮影したいシチュエーションに合わせて自撮り棒・三脚が適切なのかどうか確認してみてくださいね。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

コメントを残す