マラソン大会でもらえる安全ピンはどう処理すればいいの?

マラソン大会に出ると安全ピンもらえるけどさ・・・

どうも、Kenです。銭湯、サーチします。

 

マラソン大会に参加すると、必ずついてくるのが

安全ピン

だと思います。

安全ピンをつけてくれるので、わざわざ自分で安全ピンを用意しなくてもよくて便利なのですが、毎月のようにマラソン大会に出場していると、

安全ピンが無駄に溜まってきてしまいます笑

 

新しい大会ごとにもらうことになるので、どんどん安全ピンだけがマラソン大会の数だけ増えてしまうことになるのです。これではいつの日か安全ピンで埋もれて窒息しそうです笑

 

その安全ピンの増殖を避けるためにも、今日はふと立ち止まり、

安全ピンを無事にゴミとして処理する方法

を調査してみました。

 

 

マラソン大会でもらえる安全ピンの処理方法

安全ピンのゴミの出し方はぶっちゃけお住まいの市区町村によって異なります。

ゴミの処理は地方自治体によって行われるものなので、それぞれ地域ごとにルールが異なるというのが現状なのです。

その答えを探るためいくつかの市区町村にて調査を行ってみました。

 

東京都新宿区のケース

東京の都庁がある東京の中心と言っても過言ではない新宿区。

こちらでは、

安全ピンは「金属・陶器・ガラス」というゴミの分類になっていました。

>>新宿区のページを参照

 

俗にいう「危険物」というやつで、月に2回ほど収集日があるのでその時に忘れないようにゴミ処理の出すことになります。

厚紙などで包み、「危険」と表示して出してください

と書いてありますね。

 

神奈川県の横浜市のケース

神奈川県の横浜市では安全ピンは「小さな金属類」という分類になっていました。

>>こちらのページを参照

 

週に一回収集があるゴミの分類らしく、安全ピンのような小さなゴミの金属類の場合、こちらのページによると、

袋に入れる場合は中身のはっきりと確認できる透明または半透明の袋に入れてお出しください

と書いてありました。

 

愛知県名古屋市のケース

こちらのページによると、名古屋市では安全ピンは「不燃ごみ」でした。

この不燃ゴミは月に1回収集があるらしいので忘れずに出しておくといいでしょう。

出し方のルールとしては、

刃物、針、ガラスなど危険なごみは、厚手の紙などに包み「キケン」と表示してください。

と書いてありましたね。

 

北海道苫小牧市のケース

北海道苫小牧市のページによると、「燃やせないゴミ」として出すことを推奨されていて、無料ではなく有料での回収になるみたいです。

出し方としては、

紙などで包み「キケン」と表示

するといいみたいですね。

 

マラソン大会でもらえる安全ピンは処理が大変w

と、以上、様々な地方自治体において安全ピンのゴミの分類の仕方をみてきました。

総括していえそうなのが、

安全ピンのゴミの処理はなかなかに厄介だということです笑

有料で処理しなければならないところもありますし、紙に包んで「キケン」と書いておかなければならなかったり、後は月に一回しか収集日がないので忘れてしまったりすることなどが考えられます。

 

このマラソン安全ピン問題の対策として優れているのが、

大会の受付で安全ピンを返却してしまう

ということでしょう。

つまり、自分で安全ピンを持ってきて、安全ピンを増やさないということができますね。

処理が厄介な安全ピンが増えなくてすみますし、地球のためにもなっているはず。まさに一石二鳥ですね。

 

「そもそも安全ピンを使うのが嫌だ!」

という方はゼッケン留めを使うという手もありです。

 

ぼく自身、「BIBFIX」というゼッケンどめを使ってみましたが安全ピンと遜色なく使うことができました。

こいつを持参してもピンの消費を抑えることができると思います。

ぼくも安全ピンが増えすぎて困ってきたので、これらの対策を講じてみようと思います。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す