マラソンのペースを計算できるアプリ!ランナー電卓の使い方

マラソン ペース 計算アプリ

マラソンのペースを計算できるアプリがあった!

どうも、Kenです。キーボード、発送済みです。

 

マラソンに出場すると気になってくるのが、

ペース配分

ですよね。

目標タイムを達成するためには1kmあたり何分で走ればいいのか??

1kmペース4分で走ったらいったい俺はどれくらいのタイムを叩きだせるのか??

ということを知りたくなります。

そんなときに便利なのが、

ランナー電卓

というアプリです。

ランナー電卓

ランナー電卓
posted withアプリーチ

今日はこのランナー電卓アプリの使い方をわかりやすくまとめておきましたのでよかったら参考にしてみてください。

 

 

マラソンのペースを計算できる!ランナー電卓の使い方

こちらのアプリを使うと、

  1. 1kmのペースからゴールタイムを割り出せる
  2. ゴールタイムから1kmペースを計算できる
  3. 応援地点の通過予想タイムを計算できる

という3つのことができるようになるのです。

 

 

1kmペース→ゴールタイム

1kmペースのタイムからゴールタイムを計算できます。

今回は1km4分のペースで走ったときのフルマラソンのタイムを例として計算してみますね。

 

電卓のトップ画面を開いて、まずは1kmのペースを入力。

マラソン ペース 計算アプリ

数字の4を打って、次に上の「分」をタップしてみましょう。

マラソン ペース 計算アプリ

これに走る距離をかけるとゴールタイムが出るはずなので、「×」、

マラソン ペース 計算アプリ

からの、今回はフルマラソンのタイムなので「Full」。

マラソン ペース 計算アプリ

そして最後に「=」ボタンでゴールタイムを計算してみます。

 

すると、

2:48’46”80

と秒以下の値まで瞬時に計算できるのです。

マラソン ペース 計算アプリ

すごいぞ!?

 

ゴールタイム→1kmペース

続いて、先ほどの逆を計算しましょう。

つまり、

とあるゴールタイムに必要な1kmのペースを計算するというわけです。

 

試しに、

ハーフマラソンで1時間に必要な1kmのペース

を算出してみます。

 

このゴールタイムから1kmペースを割り出す場合は、アプリメニューの「ペース計算」をタップ。

上のタブを「Pace/Speed」に合わせます。

マラソン ペース 計算アプリ

まずは走る予定の距離を「Distance」の欄に入力。今回はハーフマラソンでのペースでしたので、「Half」を選択して「DONE」。

マラソン ペース 計算アプリ

続いて、ハーフマラソンのゴール予定の時間を入力します。Timeの欄にゴール予想タイムの「1時間」を入れて、DONE。

マラソン ペース 計算アプリ

すると、下の黒い四角の中の「Pace/Speed」という欄に1kmあたりの速さが記載されているはずです。

マラソン ペース 計算アプリ

ランナー電卓を使って計算してみると、ハーフを1時間で走るために必要なペースは、

1kmあたり 2′ 50″ 64

なのですね。くっ、くそ早いな!笑

 

 

応援地点の予想通過タイム

最後に、これはランナーというよりランナーを応援する人のための計算。

  • レースの距離
  • ゴール予想タイム
  • 応援地点

という3つの情報から、応援したいランナーが応援地点を通過するであろう時間を算出してくれるのです。

 

今回は試しに、

ウルトラ100kmの応援で、予想タイム12時間のランナーが55km地点を通過する時刻

を計算してみましょう。

 

応援地点の通過時間の計算はアプリメニューから「応援ポイント」を選択。

マラソン ペース 計算アプリ

まずは応援地点の欄に自分が待ち受けることになるスタート地点からの距離を入力します。今回は55km地点ですね。

マラソン ペース 計算アプリ

で、次はレースの距離。

今回はウルトラマラソンということで100kmを入力。

マラソン ペース 計算アプリ

あとはゴール予想タイムだけ。今回は12時間のランナーの応援でしたね。12時間を入れてDONE。

 

マラソン ペース 計算アプリ

ここまで数値を入力し終わると、

応援地点の通過予想タイム

という黒い四角の中にそのランナーが通過する予想タイムが記されることになります。

マラソン ペース 計算アプリ

今回のウルトラランナーが通過する予想タイムはスタートから「6; 36′ 00” 00」と計算できました。

しかも、ランナー電卓は気がきていて、

予想タイムの±5%の幅までバッファーを読んで教えてくれます。

 

この例だと、

6: 16’12” 〜 6: 55”48

の間にランナーが通過する可能性が高いと教えてくれるのです。確かに、ランナーの調子によって予想を上回ったり下回ったりすることになるので±5%の余裕を持って応援したいところです。

 

 

ランナー電卓を使ってみてわかったメリット

以上がランナー電卓の使い方でした。

  1. 1kmのペースからゴールタイムを割り出せる
  2. ゴールタイムから1kmペースを計算できる
  3. 応援地点の通過予想タイムを計算できる

という3つの計算ができるアプリなので大変便利なのことが限りないのですが、中には、

「えっ、そんなの普通の電卓アプリでいいんじゃないか??」

と思ってしまう方もいるかもしれませんね。

 

じつはこのランナー電卓には次の2つのメリットがあるから便利で使いやすいのです。

 

 ハーフ・フルの細かい距離を入力しなくていい

ランナー電卓を実際に使ってみて便利だったのが、

ハーフ・フルの細い距離を入力する必要がなかったことです。

ご存知の通り、ハーフマラソンの距離は「21.0975km」、フルマラソンは「42.195km」と小数点第3位まで続く長くて細かいのが特徴です。

そのため、ランニングを始めたばかりの初心者の方は、

「ハーフマラソンって何kmだっけ・・・」

という競技の距離から調べなくてはいけません。また、仮に距離がわかっていたとしても、その距離を実際に電卓に打ち込むのがめんどくさい。

 

一方、ランナー電卓では、

  • Full
  • Half

という1つのボタンを押すだけで小数点第3位までの距離を入力することができるのですこぶる楽でしたね。

マラソン ペース 計算アプリ

 

 

時間・分・秒の入力も楽

また、ランニングのペースを計算するときに厄介になってくるのが、

時間・分・秒の単位の変換です。

普通の電卓を使った場合、1時間は60分、1分は60秒という基本ルールをもとに秒単位で計算し、最後に時間や分に直して計算することになってしまいます。

これでは計算がめんどくさいですし、得られること答えも小数点で表現されていて、結局のところ正確なタイムがわからないことがあるでしょう。

 

ランナー電卓なら、数字を入力した後に、

  • 時間

というボタンを押せば、その数字の単位を決めることができるのです。

マラソン ペース 計算アプリ

これは楽!

 

計算の答えの単位を揃えてくれる

ランナー電卓は計算結果にもホスピタリティをきかせてくれています。

ランナー電卓では主に、

  • 距離
  • タイム
  • ペース(1kmあたり)

の3つの値がはじき出せるのですが、計算結果で表示するときに、

項目 単位
距離 km
タイム 時間:分’ 秒”
ペース 分’ 秒’

とランナーが知りたい単位に調整してくれます。

マラソン ペース 計算アプリ

いちいち計算し直す必要もないですし、このランナー電卓のアプリさえあれば事足りてしまいます。ありがとう!

 

こんな感じでランナー電卓は便利なアプリなので、

「マラソンのペースを計算したい・・・・!」

「普段のランニングのペース走の練習で目標タイムを計算したい・・・・!」

などといったときに使ってみてくださいね。

 

ランナー電卓

ランナー電卓
posted withアプリーチ

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す