これは便利!無料のランニング日誌アプリ「RUNNERS NOTE」の使い方

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

ランニング日誌として使えるアプリは??

どうも、Kenです。お湯、リピートしてます。

 

「マラソン大会にエントリーしてしまった・・・・!」

エントリーするだけならノリと勢いでできますが、大会に向けてランニングの練習をしなければ完走できなかったり、大会本番でクソ苦しむことになります笑

ぼくもノリと勢いで数々のマラソン大会にエントリーしてしまったので、何か、

「ランニングの練習を記録つけられるランニング日誌みたいなアプリないかな・・・」

と探してみたところ、

ありましたありました!

 

その名も、

RUNNERS NOTE

というランニングアプリです。

RUNNERS NOTE

RUNNERS NOTE

このアプリは端的にいうと、

ランニング日誌とスケジュール帳が融合したようなアプリで、大会の申し込みが行えるRUNNETと連携している最強のアプリだったのです。

 

今日はこのRUNNERS NOTEというアプリの主な使い方を、

  1. ランニング日誌機能
  2. スケジュール機能

の2つの使い方に分けてまとめてみました。

 

 

RUNNERS NOTEのランニング日誌としての使い方

まず、このアプリではランニングの練習の内容を日々記録することができます。

記録の仕方はいたって簡単。

 

ランニング練習を記録

RUNNERS NOTEのアプリの中央の「新規」をタップし、

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

その中から「走行記録」を選びます。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

すると、

  • 距離
  • タイム

の2項目を記入することになるので黙々と数値を設定します。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

さらに、距離やタイムだけでなく、

  • コース名
  • 時間帯
  • 内容(感想とかを書くのかな)

などのランニングの練習の結果をメモすることも可能です。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

ここまで設定が完了すると、カレンダー上に走行距離が表示されるようになりますね。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

 

月間走行距離の確認方法

さて、ランナーにとって気になるのが「月間走行距離」ですよね。ランナーの間で自分の練習量を可視化するためにこの月間走行距離というものが用いられてます。

ランナー間の会話でも、

「君は月間走行距離どれくらい?」

なんていうフレーズが出現することがありますね。

 

その気になる月間走行距離なのですが、RUNNERS NOTEのカレンダー画面の右下にある「走行記録」を参照すればオッケーです。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

ここには

〇〇月の実績△△km

と表示されるようになってます。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

つまり、RUNNERS NOTEにコツコツ走行距離を練習後につけていくだけで月間走行距離を瞬時に把握できることになるわけです。

また、RUNNERS NOTEではランニング練習による走行距離をGPSを用いて把握できる「RunKeeper」とも連携が可能です。

Runkeeper- GPS ランニングトラッカー

Runkeeper- GPS ランニングトラッカー

連携方法はメニューの「設定」から連携設定の「RunKeeper」を選べばいいのですね。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

 

 

RUNNERS NOTEのスケジュール帳としての使い方

続いて、RUNNERS NOTEをスケジュール帳として使う方法です。

RUNNERS NOTEでは、

  • 日々の予定
  • マラソン大会の予定
  • これから開催されるおすすめ大会の予定
  • 一週間分の天気

がスケジュール帳に書き込むことが可能なので、マラソン大会までの練習予定が組みやすくなってます。

 

 Google Calendarと連携して日々の予定を書き込む

RUNNERS NOTEではGoogleカレンダーと連携して日々の予定をカレンダーに書き込むことができます。

連携の仕方は、アプリの左メニューの「カレンダー」から「+Googleカレンダーを追加」を選択します。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

 

すると、カレンダーメニューの左側に自分のグーグルアカウントの予定を表示させるチェックマークが出現するので、こいつにチェック。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

試しに僕も連携してみましたが、先ほどGoogleカレンダーに入力した「銭湯にいく」という予定が表示されてます笑

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

しかも、時間単位まで細かく表示してくれちゃってます。

 

RUNNETと連携して大会予定を書き込む

続いて、ランニング大会に申し込めるコミュニティサイト「RUNNET」と連携する方法です。

 

RUNNETと連携すれば、

RUNNET経由で申し込んだマラソン大会の予定をカレンダーに書き込めるのです。

 

連携方法はいたって簡単。

RUNNERS NOTEの右メニューの「設定>連携設定」と進み、「RUNNET」を選びます。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

すると、RUNNETのIDとパスワードが求められますので、こいつを記入してログインすると連携が完了します。

 

無事に連携できますと、参加予定のマラソン大会の予定がカレンダー上に出現しますね。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

残り日数なども教えてくれるので危機感が増します笑

 

一週間分の天気を書き込んでくれる

ランニングに重要な要素の1つとして天気がありますよね。

天気によって練習内容を変えたり、マラソン大会本番での天気によってアイテムを準備したりなど、ランナーは天気が気になって仕方ありません。

そんなランナーの隠れたニーズを汲み取ってか、RUNNERS NOTEでは、

一週間分の天気をカレンダーに書き込んでくれます。

RUNNERS NOTE ランニング日誌アプリ

これらの気象情報は天気予報のウェザーニュースから取得してくれているみたいで信用性もあると思います笑

 

 

さあ、RUNNERS NOTEアプリでランニング日誌をつけてみよう!

以上がRUNNERS NOTEの使い方でした。

大きく分けてこのアプリには、

  1. ランニング日誌機能
  2. カレンダー、スケジュール機能

がありましたね。

RUNNERS NOTEの最大の強みはやはり、ランニング大会ポータルサイトRUNNETと連携している点でしょう。

RUNNET経由で申し込めばランニング大会の予定がすこぶる把握しやすくなり、大会本番までの練習予定も計画しやすくなりますね。

ランニング日誌をつけられるアプリを探している方はよかったらRUNNERS NOTEを使ってみてくださいね。

RUNNERS NOTE

RUNNERS NOTE

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

コメントを残す