ストレッチポールの使い方に詳しくなる本・書籍おすすめ4選

ストレッチポールの使い方を本で勉強したい!

どうも、Kenです。たらい、回してます。

 

スポーツ選手などがコンディションでよく使っているアイテムとして「ストレッチポール」があります。

このアイテムは本質を言ってしまえば、

適度な硬さのある棒

なのですが、このアイテムはマラソンや陸上競技の選手に止まらずバスケやサッカーなどの球技のスポーツの現場でも活用されています。

ぼく自身、高校の時に所属していた陸上部時代に出会ったアイテムで、高校卒業してからは自費で購入して毎日かれこれ10年ぐらい使ってもらっています。

そのため、

「ストレッチポールをブログで紹介したいな・・・・・」

と思ったのですが、ふと立ち止まり、

なぜストレッチポールがいいのか??

このアイテムをどう使うのが正しいのか??

を自分がまだわかっていないことに気づきました笑 改めてストレッチポールについて1から知る必要があるなとは感じたのです。

 

 

ストレッチポールの使い方に詳しくなる本まとめ

そこで今日は、ストレッチポールに関する書籍を買い占めて勉強してみたので、その際に読んだストレッチポールの本をを忘れないうちにまとめておきますね。

 

本1. 「アスリートのためのコアトレ」

一番確実にしっかりとまとまっているストレッチポールの本、というかストレッチポールなどを使った人間のコアを鍛えるためのトレーニング「コアトレ」についての本です。

まず「コア」とは何かという話から始まり、日常生活で失われているコア本来の働きをストレッチポール、ストレッチハーフポールなどを使っていかにリセットしてもとの理想的な状態に戻していくかということをすごい細くは解説してくれています。

また、この本にはそのストレッチポールのセオリーだけではなくて、どのようにストレッチポール自体を使うのか?ということにも触れています。

選手の競技別のストレッチポールのメニュー選び方も解説してくれており、もちろんマラソン選手が参考にできる長距離の陸上選手の例も触れてくれており、ストレッチポールに興味があるランナーの方は参考になると思います。

 

本2. 「公式ストレッチポール&ひめトレBOOK 新装版」

ストレッチポールというアイテムと、女性の骨盤の筋肉を鍛えるためのグッズの「ひめとれ」という小さなストレッチポールのようなアイテムの2つの使い方を解説してくれている書籍。

ストレッチポールとひめトレの内容は大体半分半分ぐらいになっていました。

書籍の冒頭では、

なぜストレッチポールが体幹の筋肉をリセットできるのか?

コアの筋肉をリセットすることによってどのような効果が生じるのか??

というストレッチポールの理論をまずは簡単に紹介してもらえます。

さらにその後は、かなり手厚くストレッチポールでコアの筋肉をリセットする方法が詳細にわかりやすく写真付きで解説してくれています。

初めてストレッチポールを使う方も写真を参考に使うことができると思います。

また巻末には、ストレッチポール関連の情報を取り扱っている Web サイトなどの紹介があり、さらにストレッチポールを深く知りたいと思える方にも配慮されています。

 

本3. 「ポールを使ったコロコロダイエット」

この本はちょっと趣旨が違って、ストレッチポールの使い方でもストレッチポールを美顔ローラーのように使う方法が紹介されています。

ストレッチポールを「コアのリセット」というよりは、「全身の筋膜をいかに血流を良くして代謝を高めダイエット効果を出すか」というダイエットに関心がある女性向けの書籍でした笑

完全にランニングのコンディショニングという点ではかけ離れてしまっていますが、このようにただローラーとして使う方法もあるのだと勉強になりました。

やはり、代謝は良い方がダイエット効果が高いのですね。また、この本には DVD が付いていますので写真だけではなく動画で使い方を学べるのが魅力です。

 

本4. 「ポール・ストレッチ―ハマる!続く!気持ちいい!」

ストレッチポールを使ってストレッチすることをポール・ストレッチというらしいのですが、その理論から実践まで幅広く解説してくれている良書です。

ストレッチポールの使い方には、

  1. コアのリセット
  2. ローラーとして使って筋膜の代謝をあげる

という2つの使い方があると学んできましたが、この書籍ではこの2つの使い方を両方解説してくれています。

「フレックス 11」という体のコアをリセットする基本的なストレッチボールの使い方を絵・写真付きで解説してくれ、さらに「ポールストレッチ30種」でローラーのようにポールを使う30種類のストレッチをこれまた写真付きで詳しく紹介してくれています。

また、ユニークなのがポールを床に寝かせるだけではなく、椅子に垂直に立てて使って使う方法もあるということです。

ポールを高さのあるところに置いて、ももやふくらはぎ、胸などをコロコロとマッサージする方法まで紹介してくれていました。

極めつけは時間がないときのショートプログラム。

不定愁訴に合わせて必要なプログラムを複数パターンでくれていますので、例えば、膝の痛みを感じる人だったり、目の疲れだるさを感じる人のためのプログラムをそれぞれ個人が本を読みながら実践できるのが良いと思います。

また東洋医学的な都合についても触れてくれており、ローラーとしてストレッチポールを使う理由として、このツボの刺激を挙げています。

このように、これまでなかったストレッチポールの使い方を知ることができてこの本を読んで良かったと思います。

 

 

さあ、ストレッチポールの本を読んでみよう

以上が僕が選んでみたストレッチポールに関する本たちでした。

やはりストレッチポールというものはあくまで道具。

その道具をいかに使うか??ということは著者ごとに異なっており、複数冊読んで勉強して正解でした。

大きくわけると、

コアリセット

ポールをローラーとして使う

の2つのやり方がありました。

ぼく自身、やってみて効果があるなと思っているのが1つめのコアリセットです。

脊髄周りの筋肉をリラックスさせることで、可動域を広げ、重心が正常にリセットされ、怪我などランニングで起こしにくくなっていると思います。

また、個人的には肩こりにも効果があると感じているますので、ぜひポールストレッチポールは乗ったことない方は体験してみてください。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す