苦しいときに効果抜群!2つのランニング呼吸方法




ランニング中の呼吸が苦しい??

こんにちは、この記事を書いているKenです。無洗米と出会えてよかったです。

 

ランニングやジョギングって有酸素運動ですよね。

ダンベルをあげたりさげたりする無酸素運動とは、汗のかき方や、苦しみ方なんかも異なりますが、

最大の違いは、

ランニングでは呼吸する回数がむちゃくちゃ多い

ということです。

 

かりに、1秒間に3回ぐらい呼吸しているとしましょう。

このランナーが30分ジョギングしたとすれば、540回におよんで呼吸していることになります。540回ですよ??

ってことは、マラソンにおいて呼吸法は大切である

ということがわかります。

 

そこで、今日は、

ランニングの呼吸方法を2つにわけて紹介します。

呼吸法に自信がない方は参考にしてみてください。

 

 

ランニングの呼吸法は強度によって2つにわけられる

呼吸方法はランニングスピード(強度)によって2つに分けることができます

それは、

ランニング中に笑って話せる余裕があるかどうか、

です。

下のグラフをみてください。

ランニング 呼吸

 

じつはランニングには、

  • 笑って雑談ができるペース
  • 苦しいことしか考えられないペース

というように大きくわけて2種類存在しているのです。

 

あるスピードを超えて走ると笑う余裕なんてなくなってしまいます。

急に「苦しい」としか考えられなくなるのは不思議ですね笑

ランニング 呼吸

この2種類のランニングによって呼吸法を変えるべきなのです。

 

 

ゆっくりなジョギングにおける呼吸法

まず、「笑って雑談ができるペース」で走っているときの呼吸法です。

もちろん、「笑って雑談ができるペース」なんて個人によって異なります。プロのマラソンランナーは、ぼくが笑えないスピードでもカウンセリングできるんじゃないかな笑

 

この「ちょっと余裕がある」ときに使えるのは、

2呼吸法です。つまり、

吸って吸って、

ランニング 呼吸

吐いて吐いて、

ランニング 呼吸

吸って吸って、

ランニング 呼吸

吐いて吐いて、、、、、、

ランニング 呼吸

 

という感じで、「吸うこと」と「吐くこと」を2回ずつ交互にくりかえします。

鼻呼吸するランナーもいるようですが、ぼくは口呼吸でランニングしています。

 

さらに、呼吸のタイミングが非常に重要です

ぼくは一回着地するごとに「吸う」か「吐く」かしています。

 

つまり、音楽チックに表すとこんな感じになります。

ジョギング 呼吸法

着地するタイミングで吸ったり吐いたりする。

そして、それを2回ずつくり返す。

それだけでいいんです。

 

ただ、この呼吸法が嫌だという方は我流でかまいません。

っていうか、我流のほうが効果があるかもしれません。

ぼくはジョギングの呼吸法とか意識しないで走り続けていたら、いつの間にかこんな呼吸法で走るようになっていました。

徐々に自分なりの呼吸法をみつけてくださいね。

 

 

「苦しい」としか考えられないときのランニング呼吸法

ランニングスピードがある速度を超えると、

ランナーは「苦しい、やめたい、解放されたい」としか考えられなくなります。

ランニング 呼吸

こんな極限状態ではどのように呼吸すればいいのでしょうか。

 

長年のランニング経験によってでた答えはただ一つ。それは、

もがく

という呼吸方法。

正しい呼吸法なんか気にしないほうがいい。

とりあえず、残っているエネルギーを完走するために使うべきです笑

 

このレベルで自分を追い込むと、

すっ、すっ、はっ、はっ・・・はあ??

という感じでクールに2回ずつ呼吸できません。

ランニング 呼吸

ほんとうに苦しい時は、

必死に呼吸する

という以外道はないのです。ちなみに、ぼくが苦しい走りをしているときはだいたい、

吸う・吐く・吸う・吐く・・・・

のシンプルな呼吸法で、タイミングを着地時にあわせています。

音楽チックにあらわすとこんな感じになります↓↓

ランニング 呼吸

 

極限状態の呼吸法は自分がいちばんわかっています。

修羅場をくぐりぬけてオンリーワンの呼吸法を修得していきましょう。

 

 

まとめ:いちばん効果的なランニング呼吸法はもがく。

どんなにもがき苦しんでも、うーん苦しい・・・

ということもあります。

そういうときは、呼吸便利グッズにたよってみましょう。

 

たとえば、鼻腔をひろげるテープなんかがおすすめです。

たまに、駅伝選手が鼻に絆創膏のようなものをつけていますでしょ??

アレです。

ランニング中に鼻呼吸を意識したいときにつけたいですね。

 

また、パワーブリーズ(呼吸トレーニング器)で肺をきたえるのもありです。

ぼくは高校生のときにこれで肺を鍛えていました。

負荷がつよすぎてときに口内炎ができるのが難点ですが、効果抜群。

最強のランニング呼吸法をみにつけたい方にはおすすめです笑

 

それではー!よいマラソン呼吸法を!

Ken

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。