【徹底解剖】3分でわかる!エニタイムフィットネスの移籍ルール




 

24時間トレーニングジムを利用できるエニタイムフィットネス

24時間できる身体を鍛えられるという「時間の自由」に加え、何と、「場所の自由」まで与えられているのです。

なぜなら、全国のエニタイムフィットネス、いや地球上にあるすべてのエニタイムフィットネスを使えるからです。

ある1店舗と契約しただけで、他店舗も使えるようになるのがエニタイムフィットネスの魅力なのです。

 

ただし、ここで問題になってくるのが、

移籍ルール

です。実は契約を開始したホーム以外の店舗での利用頻度が高くなってくると、その利用頻度が高くなった店舗に自動で移籍する仕組みになっているのです。

実際に調べてみたいところ想像以上に移籍ルールが複雑だったので、今日はそのエニタイムフィットネスの移籍ルールを徹底解剖してみました。

 

利用開始31日縛り

まず知っておかなければいけないのが、

契約スタートから31日間は移籍ルールが適用されない

という「31日ルール」です。

なぜなら、エニタイムフィットネス利用会員規約の第3条3項に、

会員は、ご利用開始日より31日経過後、所属クラブの他、全ての「エニタイムフィットネス」を利用することができます。

と書いてありますから。

 

つまり、利用開始から31日経過しないと、契約した店舗以外のエニタイムフィットネスは使えないのですね。

だから、契約当初は「どの店舗も使える」というメリットは享受できないんです。

 

30日間で4回以上使っている人の場合

さて、契約してから31日たった場合、いよいよ移籍ルールが適用される可能性が出てきます。

まず、

30日間で4回以上使っている健康意識の高い人の場合です。

週1回以上エニタイムフィットネスで運動しているぐらいの頻度ですね。

この場合、次の2つの状況を満たすと、契約店舗以外のエニタイムフィットネスに移籍が確定します。

 

条件1. 「30日間でホームクラブ以外で51%以上の利用」

まず1つ目の条件は、

ホームクラブ以外での利用頻度が30日間で51%以上

ということ。

例えばホームクラブが「エニタイムフィットネスA店舗」になっている方がいたとしましょう。

この方が30日間で4回、エニタイム フィットネスを利用したんですが、そのうち3回はホームクラブA以外のB店舗を利用したとします。

この場合、4回のうちの3回はB店舗だったので、割合でいうと

75%

が店舗Bの利用です。

つまり、ホームクラブAの利用率は25%まで下がってしまっているんです。

この場合、まず条件の1つ目を満たしていることになります。

 

 

条件2.「30日間を2セット、上の条件を満たし続ける」

そして、ここで重要になってくるのが継続性です。

先程紹介した51%以上の利用条件を30日間で満たした店舗で、その次の30日間も同じ51%以上という条件を満たすということ。

つまり、51%以上ルールを満たしながら、2か月連続でエニタイムフィットネスを30日間で4回以上使い続けなければ移籍を確定しないんですね。

 

例えば、ある30日間で5回行ったうちの3回はホーム以外の店舗B。

次の30日間では、6回エニタイム に行ったうちの4回がホームクラブではない店舗Bだったとします。

この場合、連続した30日間2セット、51%以上の利用をホームクラブ以外でしましたので、ここでBへの移籍が初めて確定するんですね。

ただし、ここでの肝は

51%以上を満たし続けても、移籍が確定しない場合があること。

 

それは、30日で4回以上という利用頻度の条件をクリアしていない場合です。

この場合、いくら利用頻度51%以上という条件を満たしていても移籍できないのです。

例えば、30日間で5回エニタイム フィットネスを利用したうち、3回がホームクラブ以外の店舗Bだったとします。

そして、次の30日間では、3回利用してすべて店舗Bだったとしましょう。

 

この場、30日間2セット連続でホームクラブA以外の利用割合が51%を超えていますので、

「あ、じゃあ移籍確定じゃん」

と思うかもしれませんが、実はひとつ落とし穴があります。

それは、2セット目の30日間のエニタイム フィットネスの利用回数自体が4回以下の「3回」になってしまっているからです。

結果的に、利用回数が少ない店舗Aに残留が確定します。

これでは大前提である「30日間で4回以上利用する」を満たさなくなってしまいますので移籍できません。

 

30日間で1回以上利用の場合

さて、お次は30日間で1回以上の場合です。

つまり、30日間で4回未満1回以上の利用頻度の方ですね。

 

この場合、30日間の利用が「すべて」ホームクラブ以外の別の「同一の」店舗を利用している必要があります。

そして、この30日間のセットが 3回続いて90日間が経過すると、移籍がようやく確定します。

 

例えば30日間1セット目で1回ホームクラブA以外の店舗Bを利用したとしましょう。

その次の30日間ではエニタイムフィットネスを3回利用したうち、すべてが店舗B。

その次の30日間は2回利用したうち、すべて2回の利用が店舗B。

この場合、30日間3セット(90日間)で合計6回エニタイム フィットネスを利用し、全てホームクラブ以外の店舗Bを利用したことになります。

これでようやく移籍の条件を満たしているので、ホームクラブAから店舗Bに移籍が確定するんです。

 

ここでの味噌は、

ホームクラブ以外、すべての利用が同一店舗である

ということ。

つまり、ホームクラブ以外で使う別の店舗は1つでないといけないんですね。

1回でも別の店舗である例えばエニタイムフィットネスCが混じってしまうと、この条件を満たさないことになります。

 

例えば、30日間で3回、店舗Bを利用して、次の30日間では2回Bを利用します。

この時点で移籍にリーチがかかっていますが、最後の30日間3セット目で、1回だけ店舗Cを利用したとします。

すると、最後の30日間でリーチをかけたB以外のCを使ったため、移籍できないことになるんです。

結果的に利用回数の最も少ない店舗Aに残留することになります。

 

ちょっと復雑なルールにしたが、なんとか整理してフローチャートにして見た所、こんな感じになりましたね。

思いの外条件分岐が多く、1つ状況を満たさなかったら移籍が確定しないことが判明。

エニタイムフィットネスでの移籍は難しかったのです。

 

海外店舗の移籍ルールはどうなっているのか?

以上、日本国内の場合の移籍ルールの話でした。

エニタイムフィットネスはありがたいことに、日本だけでなく世界中で展開していて、

現在28か国4500以上の地域

でエニタイム フィットネスを使えます。

ただし、ここで気になってくるのが、

海外の店舗を利用した時の移籍ルール。

 

例えば、フィリピンに3ヶ月留学中、現地のエニタイムフィットネスを30日間で4回以上、2ヶ月使ったら、そのフィリピンの店舗に移籍になってしまうのでしょうか?

結論を言ってしまうと、

海外店舗の場合は自動移籍ルールは適用されません。

つまり、国境またいで移籍は発生しないのですね。

 

例えば、日本の店舗から海外に移籍したり、逆に、海外の店舗から日本店舗に移籍する、といったことは現状を起こり得ません。

もし、国境をまたいでエニタイムフィットネスを長期利用する場合は、所属店舗に相談するといいみたいですよ。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。