スマホを持ち運べる!アシックスのランニングポーチ(155897)がおすすめ




スマホ持ちながら走りてえな!

ランナーならば誰しも、

「何かを持ち運びながら走りたい」

と思う時があると思います。

そんなときにおすすめなのが

ランニングポーチ

というアイテム。

ランニングポーチは普通のウエストポーチではなく、いわば「ランナーのために開発されたポーチ」。

揺れにくいですし放熱性にも優れているので、ランニングポーチをつけて長距離走りやすい特徴があるのです。

今回、僕はマラソン大会の様子を走りながら写真に記録したいため、スマホが入るランニングポーチを探していたところ、

アシックスのランニングポーチ(155897)を購入して使ってみました。

 

 

アシックスのランニングポーチ(155897)とは何者??

今日はその基本スペックと実際に使ってみた感想を書いておこうと思います。

 

今回僕が購入したアシックスのランニングポーチは次のようなスペック。

縦12 cm 横50 cm

で、質量をはかったところ、

75.0 g

ありましたね。

ポケットの数は1つ。

 

ポケットの出入り口の大きさは幅14 cm、

奥行きは10 cm ぐらいでしたね。

ポーチの長さ調整は細めのバンドについている黒タグでおこなっていきます。

実際に長さ調整してみたところ、

〜cm

までポーチの長さを調整できるようでした。

ぼくが購入したのはLサイズなので、これよりも小さいMサイズもあるようです。

 

気になるカラーは

  1. セーフティイエロー
  2. パフォーマンスブラック

の2種類。

セーフティイエローの場合、

  • バンド
  • チャック部
  • チャックの中身

が目立ちやすい蛍光色のイエローになっているデザインでした。

これなら夜間のランニングでも目立ちやすいわけですね。

 

 

アシックスのランニングポーチ(155897)を使ってみた感想

実際にマラソン大会で着用して走ったので使い心地も書いておきます。

 

スマホはぎりぎり入った

このランニングポーチの口幅は14 cm なので、昨今の縦長のスマホはギリギリ入るか入らないかの瀬戸際になってると思います。

僕自身、サムスンの S7 Edge を使っていましたが、何とか入りましたね。

まず片側を突っ込んでからポケットに入れて、

もう一方を最後に収納する要領。

スマホを持ち運ぶ用途で使いたい方は、事前にスマホの長さを計測してウエストポーチのポケットに入るか確認しておくといいでしょう。

 

熱がこもりにくい設計

さすがはアシックスさんと言うべきか、腰との接触部はメッシュ素材になっていて熱がこもりにくい設計。

バンド部分も薄く、体との接触部位が小さくなるようにデザインされていたのが印象的。

ランニングで汗をかいて熱が生じてもランニングポーチが妨げにならないようになっていましたね。

 

夜でも目立ちやすい

夜のランニングでも目立ちやすいように蛍光剤が使用されていました。

具体的にいうと、

ランニングポーチのチャック部の周囲に蛍光素材が使われていましたね。

セーフティイエローの場合はこの「灰色の部分」ですね↓

夜間暗い状態で光が当たると、灰色の部分が光るようになっていて、

車や自転車のライトを浴びた場合は目立つようになっていました。

夜でも安心してランニングポーチをつけて走れるでしょう。

ただし、蛍光素材はチャックの周囲にしかないので、このポケットの部位をウェアの外に出して走ることをおすすめしますね。

 

まあまあ揺れにくかった

このランニングポーチにスマホを入れてハーフマラソンを走りましたが、

揺れ具合は「まあまあ満足」。

正直、ランニングによる揺れはゼロではありませんでした。

揺れを抑えたい時は走りながらバンドを短くしたり、あとはポーチの位置をくるっとずらして、骨盤の形にフィットするようにランニングポーチの位置を変えてやると揺れが小さくなりましたので試してみてください。

 

 

まとめ:アシックスのランニングポーチ(155897)はスマホ用途ならおすすめ

以上、アシックスのランニングポーチ(155897)の基本スペックと使ってみた感想でした。

書き散らかしてきたのでいい感じにまとめると、

このランニングポーチは至って無難。

  • 通気性
  • 安定性
  • 蛍光性

どれをとっても自分の中で合格点を突破していて、不満はありませんでした。

 

弱点を挙げるとするなら、「収納性の低さ」かもしれませんね。

ポケットはひとつしかなく、しかも

幅14 cm 奥行10 cm

の小さいポケット。

とてもじゃないですが、ウォーターボトルは持ち運べませんね。

正直スマホが限界でしょう。

 

僕はマラソン大会で

  • スマホ
  • ホテルのルームキー

を入れて走ったので容量はちょうど良かったです。

ただ、もうちょっと大きな持ち物の「エナジージェル」とか仕込むとなると、小さいかもしれません。

「もっと大きいランニングポーチ、しかもボトルを運びたい」

という方はこちらのアシックスの大きめのタイプのランニングポーチがいいでしょう。

この世には用途によって色々なランニングポーチが発売されているので使い分けてみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。