スマホを持ち運べる!アシックスのランニングポーチ(155897)がおすすめ




スマホ持ちながら走りてえな!

ランナーならば誰しも、

「何かを持ち運びながら走りたい」

と時があるでしょう。

そんなときにおすすめなのが

ランニングポーチ

というアイテム。

 

普通のウエストポーチではなく「ランナーのために開発されたポーチ」。

揺れにくく、放熱性にも優れており、長距離走りやすいのです。

今回、走りながら撮影したいため、スマホが入るランニングポーチを探したところ、

アシックスのランニングポーチ(155897)

を発見。

実際にこのランニングポーチをつけてハーフマラソンを走ってきました。

 

アシックスのランニングポーチ(155897)とは何者??

このランニングポーチは次のようなスペック。

縦12 cm 横50 cm

質量をはかったところ、

75.0 g

ありましたね。

ポケットの数は1つ。

 

ポケットの口の大きさは幅14 cm、

奥行きは10 cm ぐらい。

ポーチの長さ調整は、黒タグでおこないます。

ぼくが購入したのはLサイズ。これよりも小さいMサイズもあるようです。

 

気になるカラーは

  1. セーフティイエロー
  2. パフォーマンスブラック

の2種類。

セーフティイエローの場合、

  • バンド
  • チャック部
  • チャックの中身

が目立ちやすい蛍光色になっていて、夜間でも目立ちやすいでしょう。

 

 

アシックスのランニングポーチ(155897)を使ってみた感想

使い心地も書いておきます。

 

スマホはぎりぎり

口幅は14 cm で、スマホが入るか入らないかの瀬戸際。

サムスンの S7 Edge は何とか入りましたね。

まず片側からポケットに入れて、

もう一方を最後に収納。

事前にスマホの長さを計測し、ポケットに入るか確認するといいでしょう。

 

熱がこもりにくい設計

さすがはアシックス。

腰との接触部は「メッシュ素材」で熱がこもりにくい設計です。

ランニングで生じた熱が妨げになりません。

 

夜でも目立ちやすい

チャック部周辺に蛍光素材が使われていました。

セーフティイエローの場合はこの「灰色の部分」ですね↓

ただし、蛍光素材はチャック周囲にしかありません。

チャックが見せて走ると良いでしょう。

 

まあまあ揺れにくい

スマホを入れてハーフマラソンを走りましたが、

揺れ具合は「まあまあ満足」。

正直、揺れは「ゼロ」ではありませんでした。

揺れを抑えたい時は

  • バンドを短くする
  • 骨盤にフィットさせる

などの施策を打つといいでしょう。

 

 

まとめ:アシックスのランニングポーチ(155897)はスマホ用途ならおすすめ

以上、アシックスのランニングポーチ(155897)を使ってみた感想でした。

「いたって無難」で、

  • 通気性
  • 安定性
  • 蛍光性

のどれをとっても、合格点を突破。

不満はありません。

 

弱点を挙げるとするなら、「収納性の低さ」でしょう。

ポケットは「1つ」しかなく、

幅14 cm 奥行10 cm

と小さいですからね。

とてもじゃないですが、ウォーターボトルは持ち運べません。

スマホが限界でしょう。

 

僕はマラソン大会で

  • スマホ
  • ホテルのルームキー

を入れて走ったので、容量はちょうど良かったです。

もうちょっと大きい「エナジージェル」を仕込むなら、小さく感じるかもしれません。

「もっと大きいランニングポーチがほしいい」

という方はボトルも入る大きい目のタイプを選ぶといいでしょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。