ゴール地点まで輸送できる!コロンボマラソンの荷物預かりについて

コロンボマラソン

コロンボマラソンにも荷物預かりサービスあるの??

どうも、Kenです。カスタード、温存してます。

 

スリランカのコロンボを舞台に行われるマラソン大会のコロンボマラソン。

このマラソンの特徴は、

コースが一方向に続く一法通行スタイルということ。

 

http://srilankamarathon.org/images/stories/2018/routelarge.jpgより

 

走ったぶんだけスタート地点から遠ざかることになるので、フルマラソンを走ってしまうと42.195km ぐらいスタート地点から離れてしまうことになります笑

そのため、コロンボマラソンでは

荷物輸送サービス

というものが用意されていて、

指定した荷物を スタート地点からゴール地点まで運ぶことができるのです。

 

初めてコロンボマラソンに出場する方はこの荷物輸送サービスの実態が気になると思いますので、コロンボマラソンの荷物輸送サービスについて忘れないうちにメモしておきます。

 

 

コロンボマラソンの荷物輸送サービスの利用方法

ってことで、コロンボマラソンの荷物輸送サービスを解説していきますよ。

コロンボマラソンの荷物預かりサービスはマラソン大会の当日に利用することになりますので、ホノルルマラソンのように前日に何かする必要ありませんのでご安心ください。

 

Step1. BAGGAGEトラックを探す

まずは荷物預かりを行っているトラックを探しましょう。

コロンボマラソンのスタート前になると、スタート地点のバンダラナイケ記念国際会議場付近には数多くのランナーが集結してきます。

コロンボマラソン

荷物預かりサービスがあるのはまさにこのスタート地点付近。

スタート地点から交差点を右折したところに、いくつかBAGGAGEという文字が書かれたトラックが停車していると思います。

そいつはまずは見つけることにしましょう。

 

BAGGAGEトラックは種目ごとに分かれており、5 km・10kmなど距離を書いておりますので 、フルマラソンの選手ならフルマラソン、ハーフならハーフ用のトラックを見つけなければなりません。

 

しかしながら、フルマラソンの参加者は5 km、10kmの選手に比べて少ないためか、輸送用の車にこじんまりしており、2018年の大会では白い細長いワゴンがそれでした。

 

何もフルマラソン用の荷物輸送とは書いていなかったので、自分で聞いてどれがフルマラソン用の輸送車かを確認すればなりませんでしたね笑

 

Step2. トークンを受け取る

荷物を預けると、次のような受付番号の紙が渡されます。

これはトークン(Token)と呼ばれているものでして、ゴール後に輸送車の人に渡すと荷物を受け取ることができる鍵のようなものです。

 

そのため、マラソンの完走後に荷物を受け取るためにはこいつを持って走らなければなりません。

ぼくはウエストポーチをつけて走っていましたので、そのウエストポーチの中にこのトークンを仕込んでゴールまで運びました。

 

トークンはただの紙なので邪魔には らないと思います。

 

Step3. トークンを渡す

42.195km 無事に走り終わりましたら、自分が運んできたトークンという紙を係員の人に渡します。

コロンボマラソン

ぼくは汗や水などでかなりウエストポーチが湿ってしまったので、トークンの文字が見えなくなってしまっていました笑

が、22番という番号は覚えていたので無事に荷物を受け取ることができました。

 

そのため、トークンが消失したり湿って機能しなくなる可能性もありますので、元気でピンピンしているトークンの写真を事前に撮っておいたり、数字自体を暗記しておくことをおすすめします。

 

 

コロンボマラソンの荷物サービスありがたし

このようにコロンボマラソンの荷物預かりはむちゃくちゃ助かるサービス。

がしかし、なかなか初心者の方はその方法がわからずかなり苦戦すると思います。

ぼく自身、スタート前にかなりこの荷物輸送車を見つけるのに苦労して、むちゃくちゃ精神的に疲弊しました笑

ただ、荷物輸送サービスを使って、ゴール後の着替えをゴール地点に運べたので、心置きなくスタート地点から42.195キロ離れたゴール地点まで走ることができました。

完走後もクリーンなシャツに着替えてフレッシュな気持ちで帰ることができましたからね。

コロンボマラソンに出場する方はこの荷物輸送サービスを貪欲に利用していきましょう。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す