コロンボマラソンの宿泊先のホテルはどこが最適なのか??

コロンボマラソン

コロンボマラソンの宿泊先のホテルはどこがおすすめ??

どうも、Kenです。ダーツで、筋肉痛です。

 

スリランカのコロンボで行われるマラソン大会「コロンボマラソン」。

先日、フルマラソンの部に出場し、死にそうになりながらも完走することができました。

コロンボマラソン

日本に住むランナーがこのマラソン大会に出するときに気になってくるのが、

スリランカのコロンボでの宿泊先のホテル

ではないでしょうか。

異郷の地、コロンボでも絶好のコンディションを保ち、フルマラソンを走れるベストポジションにあるホテルに泊まりたいと思うのはみんな一緒だと思います。

そこで今日はコロンボマラソンに参加するための最適なホテルについて考えてみました。

 

 

コロンボマラソンの基本の復習

コロンボマラソンでの宿泊先のホテルを探す前に、次の4つのことをおさらいしておかねばなりません。

  1. コースが一方向型である
  2. スタート時間が早朝の6:00である
  3. スタート地点はバンダラナイケ記念国際会議場
  4. ゼッケン受け取りはSports of Ministryの近く

 

コロンボマラソンのコースは一直線型ですので、42.195キロ走ったらスタート地点から42.195キロ離れたところがゴール地点となります。

 

 

開始時間も早く、早朝の6時。

スタート地点から遠くのホテルに宿泊するとスタート時間に間に合うためにものすごく早起きしなければならなかったり、深夜時間帯に交通手段を確保せねばなりません。

このホテル選びでキーとなるスタート地点は「バンダラナイケ記念国際会議場」。前日に行われるゼッケン受け取りはこのスタート地点から割と近い「Sports of Ministry」という場所になります。

 

コロンボマラソンの宿泊先のホテルはどこが最適なのか??

これらの基本を考慮した上で、僕は今回のコロンボマラソンに次のような基準でホテルを選びました。

それは、

 

スタート地点のバンダラナイケ記念国際会議場に近く、

かつ、

安心して眠ることが出来る一人部屋

という基準です。

 

Booking.comという宿泊予約サイトで探してみたところ、

Moss Colombo

という有力なホテルが浮上してきました。

スタート地点のバンダラナイケ記念国際会議場まで1.7キロぐらいしか離れておらず、当日の朝は頑張れば徒歩でスタート地点に向かうことができそうです。

それに加えて、交通の便も悪くなさそうで、Bambalapitiyaという駅に近く、その周辺には複数のバス停がありました。

「もう、コロンボとかスリランカとかよくわからないけどここにしよう」

とこのホテルに泊まることにしました。

 

コロンボマラソン当日、実際に徒歩でスタート地点まで移動することができ、だいたい15分弱で到達できました。

また、ゼッケン受け取りのSports of Ministryも近くゼッケン受け取りもクリア。

コロンボマラソンのイベントへのアクセスに関しては全く問題ありませんでした。

 

 

実際にモスコロンボに泊まってみた感想

ということでせっかくなのでこのMoss Colombo(モスコロンボ)というホテルに5日間泊まってみた感想を書いてみます。

 

水を提供してくれる

スリランカの水道水は下水処理されていないためか、現地の人でさえ飲むことをためらうようです。

スリランカの歩き方にも

スリランカでは水道水を飲むことをおすすめしない

と書いてありました。

そのため、スリランカのコロンボで滞在する時はどうやって水を確保しようかということ考えていたのですが、このホテルではウォーターサーバーをロビーに常備。

かつ、個々人の部屋には飲料水を1リットルぐらい毎日補充してくれるサービスを行っていました。

水分補給に関してはまず問題なく行うことができるので、コンディションを保つのにはぴったりだと思います。

 

クーラー・ファンが常備

コロンボの気温は暑い冬でも秋でも30度ぐらいありますので、コロンボマラソンが行われる10月でもかなり暑かったです。

そんな暑さ対策として、部屋にはクーラーが完備。

大きなファンもついていて、そいつがぐるぐる回ってくれますので、心地の良い温度で過ごすことができました。

 

24時間受付対応

小さなホテルでありながら受付がしっかりしていました。

必ず一人が常駐してくれるような形で、夜中夜遅くのチェックインでも対応してもらいました。

深夜の時間帯でも警備員が常備してくれていますのでセキュリティ面もバッチリだと思います。

 

金庫はない

ただし、金庫はありませんでした。

マラソン当日はパスポートを持って走るということは避けたかったので、神頼みで部屋にパスポートを置いて走りました。

幸運なことに良いスタッフに恵まれ、僕のパスポートは盗難されずにちゃんとマラソン後も手元に残っていました。

このように貴重品は自分で管理しなければならないのが難点とも言えましょう。

 

スーパーがちょっと遠い

これはMoss Colomboだけの問題ではないのですが、スーパーがちょっと遠かったですね。

コロンボはどちらかというと車社会なので、スーパーとスーパーの距離が遠い!

モスコロンボからの一番近いスーパーでもと徒歩10分ぐらい片道を見なければなりませんでした。

そのため。なかなか食材や日用品などお気軽に買いに行くことはできず、ちょっと億劫になったことがありました。

 

ベッドがそんなに清潔ではない

残念だったのがちょっとベッドが清潔ではなかったことです。

なぜか僕の部屋にはアリの巣があって、小さな蟻がそこら中を歩いていたのですが、ベッドの中にも侵入してきていて、常時1〜2匹ぐらいはベッドに乗っている感じでした笑

小さな虫を除けば問題なく、枕は柔らかいし、二人分の広さがあるので寝返りを打ち放題でした。

ただ、この衛生面に関してはちょっと残念だったと言わざるを得られませんね。

 

 

さあ、Moss Colomboに泊まってみよう

以上がコロンボマラソンの宿泊先に選んだMoss Colomboというホテルのレビューでした。

目論見通り、スタート地点まで徒歩でリーチすることができ、ゼッケン受け取りも滞りなく行うことができました。

ただ、やはり完走後はつらく、

ゴールから6時間後ぐらいにこのMoss Colomboに帰ってこれました笑

コースの都合上、フルマラソンを走ったらスタートから42.195km離れるのでこれは仕方ない。。

 

もしかしたら、

ゴールがあるネゴンボという都市に宿泊するという方法もありだなと思いました。

スタートの前日まではスタート地点に近いホテルに泊まり、マラソン当日にチェックアウト。

さらに、荷物預かりサービスで全ての荷物を輸送車に委ね、マラソンを完走。

輸送車から荷物を受け取り、そのままゴール付近のネゴンボのホテルにチェックインするという方法です。

これならば帰り道の6時間ぐらいの道のりが無駄にならずにならないというメリットがあります。

しかも、ネゴンボは空港がある都市なので、コロンボマラソン終了後に即帰国する方にはぴったりだと思います。

 

ただ、パスポートなどの貴重品を全てモスコロンボマラソンの運営側に委ねることになるので、若干そこの勇気が必要になってきます。

このように複数の選択肢がありますので、Booking.comなどの宿泊サイトを駆使して自分のベストのコンディションを保てそうなホテルを探してみてください。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す