3分でわかる!Fitbit Blazeで自転車のエクササイズを記録する方法

Fitbit Blazeでは自転車のエクササイズも記録できるってほんと??

どうも、Kenです。カフェイン、心から欲してます。

 

ランニング心拍計として使えるFitbit。

Fitbitには数々の種類が存在していますが、ランニング時計として使いやすいのがFitbit Blazeです。

なんと、このFitbit Blazeは、

自転車のエクササイズも記録できてしまうのです!!

 

ランニングだけではなく、自転車でも活躍するとなると、トライアスロンをやっている方にもおすすめですね。

今日は、そのFitbit Blazeにおける自転車のエクササイズの記録方法を紹介しますね。

 

 

Fitbit Blazeで自転車のエクササイズを記録する方法

Fitbit Blazeで自転車のエクササイズを記録する方法は簡単。

 

「自転車エクササイズ」を選択

まずはエクササイズから、

 

fitbit 自転車

 

「自転車」という項目を選択します。

 

fitbit 自転車

 

すると、

電話に接続しています

という画面が表示されますが、ここは無視しても本当に接続してもオッケー。

 

fitbit 自転車

 

スマホに接続が完了すると、GPS接続が完了することになります。

GPS接続すると、

自転車で通った道が後でスマホで確認できる

という利点がありますが、マストではないので好きにしてください。

>>詳しくは「Fitbit BlazeをGPS接続する方法」へ

 

計測スタート

自転車のエクササイズの計測がスタートすると、このような画面に遷移します。

 

fitbit 自転車

 

主に二つの要素が表示されます。

まず一つ目は変更できる表示項目です。

タップすることで表示したいものを変更できます。

 

もう一つは、自転車エクササイズの開始からの経過時間

どの部分をタップしても常に表示されるようになってます。

 

fitbit 自転車

 

例えば、上の値をタップして変更すれば、

 

速度、

 

fitbit 自転車

 

平均速度、

 

fitbit 自転車

 

などなど、自転車のエクササイズ中のリアルタイムで表示できるのです。

もちろん、Fitbit Blazeには心拍計がついているのでリアルタイムの心拍数も表示できちゃいますよ。

 

つまり、Fitbit Blazeで速度メーター(心拍計付き)を肩代わりできちゃうわけですね。

距離や速度はタイヤの回転数から計測するわけではないので、そこまで正確ではないですけどね!

 

 

Fitbit Blazeはエクササイズとして計測しなくても自転車の運動を検知する??

と、ここまでが自転車に乗る方用のFitbit Blazeの使い方でした。

だがしかし、フィットビットブレイズがすごいのはここから。

 

なんと、自転車に乗るだけで「自転車に乗っている」と認識してくれるのです。

先ほどのようにエクササイズとして自転車の運動の計測をスタートしなくてもいいわけです。

 

究極的に言えば、Fitbitをつけて自転車に乗るだけでいいんです。

 

fitbit 自転車

 

Fitbit Blazeの設定を、あれこれいじる必要はこれっぽっちもありません。

 

何気なくFitbit Blazeを身につけて自転車に乗ってみたのですが、

Fitbitアプリで確認してみると、自転車に乗ったと認識されているではありませんか!!

 

アプリのトップから「エクササイズ」と進んで、

 

fitbit 自転車

 

自転車に乗って移動した日にちのエクササイズを見てみると、

野外サイクリング

としてきっちり自動的に記録されています。

 

fitbit 自転車

 

しかも、そこでの心拍数の推移、

 

fitbit 自転車

 

消費カロリー、

 

fitbit 自転車

 

が時系列で確認できるではありませんか。

自転車に乗るだけでここまでやってくれるのは非常にありがたい!

というよりはむしろ怖いw

 

 

なぜ、Fitbit Blazeをつけて自転車に乗るだけでいいのか?

でもでも、なんでFitbit Blazeを身につけて自転車に乗るだけで、

「こいつは自転車に乗っている」

と判断されてしまうのでしょうか??

 

その答えはフィットビットに内蔵されている、

  • 3軸加速度センサー
  • ジャイロセンサー

によるものです。

3軸加速度センサーで、フィットビットのデバイスがどの方向にどれくらいの速度で進んでいるのかというデータが得られます。

ジャイロセンサーでは、フィットビットがどれだけ回転したり傾いたりしているのかがわかります。

 

よって、これらのデータをFitbitのアルゴリズムにかけることで、

Fitbit Blazeを身につけて自転車に乗るだけで記録してもらえるのですね。

 

 

Fitbit Blazeの自転車機能は自動で計測してもらえる!

以上がFitbit Blazeの自転車機能の使い方でした。

GPS接続をしたり、エクサイズ中の心拍数や速度を確認したりしたい方はエクササイズで自転車を選択。

 

fitbit 自転車

 

消費カロリー、心拍数が確認できればいい方は、Fitbit Blazeをつけて自転車に乗ってみてください。

 

fitbit 自転車

 

Fitbit Blazeが自動で自転車に乗っていると判断してくれますよ。

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す