純正じゃなくても全然いける!Fitbit Blaze のバンドに寿命が来たので交換した話

 

 

ランニングのお供として利用させてもらっている活動量計のFitbit Blaze。

かれこれ2年ぐらい使わせてもらっていますが、ついにバンドの寿命がきました。

バンドのつなぎ目に亀裂が入ってしまい、あと一歩のところでバンドが切れて、危うくFitbit Blazeの本体をなくしてしまうところでした。

バンドが切れて時計を紛失するという事態を防ぐために、Fitbit Blaze のバンドを交換してみました。

以前、 Fitbit Blaze のバンドをまとめた記事を書いたことがあるのですが、その中から僕が選んだのは  こちらのスポーツベルトです。

 

なぜこのバンドを選んだのかと胃うと、フィットビットを普段生活する時だけじゃなく、ランニングをするときも着用したかったからですね。

金属や皮のバンドもオシャレだと思いましたが、これだと走る時に使えなくなってしまうので、どちらのケースでも利用できるスポーツバンドのベルトを購入してみました。

 

 

Fitbit Blazeのバンドの概要と使ってみた感想

今日はこちらのFitbit Blazeのバンドの概要と使ってみた感想を簡単にレビューしておきますね。

 

基本スペック

交換バンドのスペックから見ていきましょう。

サイズに関してですが縦が25 cm ぐらい日本はバンドの幅が2.5cmぐらいですね。

fitbit blaze 交換 バンド

純正のバンドと比べてもだいたい一緒ぐらいの幅でした。

fitbit blaze 交換 バンド

僕は S サイズを注文しましたので、このサイズは S のものになります

 

ついでに重さも測ってみました。

純正のバンドの重さは27.2グラムだったのですが、

fitbit blaze 交換 バンド

この交換バンドの重さは25.8 g。

fitbit blaze 交換 バンド

デフォルトのバンドよりも1.4 g ほど軽くなってますね。

理由としましてはやはり、

バンドに空いた穴の数が多く、肉抜きされているということが理由として挙げられると思います。

ランニング用時計として使う方はその1.4 g分だけ軽い状態でランニングできますので、体への負担が軽減するでしょう。

 

組み立て方

組み立て方はいたって簡単。交換バンドは完成品ではなく、フレームとバンドが取り付けられてない状態で送られてきました。

fitbit blaze 交換 バンド

バンドの先にあるネジをぐいっと引っ張りながら、 フレームに差し込んで終了です。

fitbit blaze 交換 バンド

組み立てに工具は必要なく、ただある程度の爪の長さが必要なぐらいで、誰でも簡単に1分ほどぐらいでつけることができると思います。

 

 

使い方

最後にこのバンドを使って、腕にFitbit Blazeをつける方法を紹介しましょう。

純正のバンドと付け方が異なっていますので、最初は苦戦するかもしれません。

僕自身もかなり苦しんでやっとつけ方を見つけたつけましたからね笑

まず、腕にぐるっと巻いた状態で、銀色の出っ張りをバンドの穴に通します。

穴が開いていないバンドは余剰部分が出てきますので、そちらの余剰部分を反対側の穴に差し込みます。

fitbit blaze 交換 バンド

そして、内部では再び余剰が出てくるので、その余分を今度は黒いミニバンドでまとめてあげましょう。

fitbit blaze 交換 バンド

これで取り付けは完了というわけですね。

純正のバンドと付け方が異なるので最初は苦戦するかもしれませんが、だんだん慣れていくと思います。

「よくつけ方がわからん!」

と言うときは付属の説明書の完成図をもとにつけてみるといいかもしれません。

fitbit blaze 交換 バンド

 

 

スポーツ型のFitbit Blazeを交換バンドを使ってみた感想

最後に、実際にこのFitbit Blazeの交換バンドを使ってみた感想を書いておきます。

 

柔軟性が高い

やはり純正のバンドよりも柔軟性があってつけやすいのが特徴です。

理由としては穴がたくさんいていて曲げやすいというのもあるのですが、それよりもバンドの素材自体も柔軟性があり、 純正のバンドよりもソフトに仕上がっていると思います。

このバンドの素材はシリコンゲル。どうりで柔らかいわけだ。

 

色は合わせづらいのかな笑

このスポーツバンドには2種類の色が用意されています。

両方とも結構攻めているカラーで、無難なモノトーンのバンドがないのが特徴。

ファッションに合わせにくいのかなと思っちゃいます笑

僕は黄緑のバンドを使っていますが、これと合う服は一体どこにあるんだろうと思うぐらいです。

fitbit blaze 交換 バンド

このようにこの交換バンドは奇抜な色をしているので、スポーツ用はスポーツ用として使い、カジュアルは別のおしゃれなバンドを使うといいかもしれませんね。

とはいえ、僕はめんどくさいので常時、この黄緑バンドを着用していこうと思います笑

 
そういえばこの色、RUNNIEのサイトカラーに似てます

 

 

金具部分は取り替えない方がいい

バンド交換して良かったのですが、一緒についてきた金具はあまりおすすめできませんね。

若干サイズがぴったりではないので、Fitbit Blazeの本体がかっちりはまりませんでした。

そのため、金属部分に関しては元々のパーツを利用することにしました。

 

 

さあ、Fitbit Blazeの交換バンドを使ってみよう

という感じで、若干色が派手だったので心配でしたが、使ってみると純正のデフォルトのバンドよりも良い、気がする。

今日もこのFitbit Blazeの交換バンドでランニングしてきましたが、快適に走ることができました。

バンドの柔軟性が上がっているためかバンドがつっぱらず腕に巻きやすく、腕振りをしやすくなった気がします。

僕と同じように、純正のバンドが劣化してきて、切れてしまいそうになっている方は良かったらこちらのバンドも試してみてくださいね。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す