Fitbit Ionicはバンド交換がしやすくなっていた話




 

これまで3年間愛用してきたFitbit Blazeが突如故障

しばらく「Fitbitなしの生活」を送っていましたが、徐々にFitbit生活が恋しくなってきたのです。

そこで満を辞して、Fitbit Blazeの進化形である「Fitbit Ionic」を導入。

まだ数日使っただけですが、Ionicは Blazeと比べると大幅に進化していました。

新しくできることが「山のように」増えていたのです。

その中のありがたい特徴の1つに、

バンド交換しやすさ

がありました。

 

Fitbit Blaze時代は、フレームとバンドが一体になっていたのですが、

fitbit blaze 交換 バンド

Fitbit Ionicは一味違います。

 

まるでボタンを外すかのようにバンドを交換できるのです。

本体裏側の「接合部分」をプッシュしながらバンドを引くだけ。

これで、

するする

と、プラモデルのパーツのようにバンドを取り外せちゃいます。

 

すると、

  1. バンドの左側
  2. 本体
  3. バンドの右側

という3パーツにわかれます。

 

バンドがすこぶる交換しやすいため、ファッションに合わせてバンドを交換しやすいと言えましょう。

例えば「革製バンド」とか、

「金属製バンド」とか、

すぐに交換できます。

TPOを意識しやすいFitbitデバイスですね。

 

そして、ありがたい事にFitbit Ionicは、デフォルトで「L」と「S」のバンドが2つ付属されています。

Fitbit Blaze時代に発生していたサイズ選びはもはや不要。

「じぶん、Sサイズでもいいのかな・・・・」

といった不安や迷いを感じることなく、購入に踏み切れるでしょう。

次回はFitbit Ionicのバンドのサイズ感を紹介していきますね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。