日本におけるFitbit Payの使い方【設定方法から使える場所まで徹底解説】




 

Fitbitを購入して試してみたかったのが、

Fitbit Payでの買い物です。

「Fitbit Pay」とは、

Fitbitデバイスを財布の代わりに使えるサービス

のことで、Fitbitのデバイスにクレジットカード、デビッドカードを紐付けると、キャッシュレス決済できるようになるんです。

 

Fitbit Payを使うための条件

ただし、です。

Fitbitデバイスを持っている誰しもがFitbit Payを使えるわけではありません。

Fitbit Payを使うための条件が存在していて、それは次の2条件です。

 

Fitbit Payに対応しているFitbitデバイス

まずはデバイス縛りですね。

こちらのFitbit公式ページによると、Fitbit Payに対応しているのは次のデバイス達です。

Fitbit Payは、Fitbit Ionic 、Fitbit Versa 2、Fitbit Charge 4、NFC チップを搭載しているFitbit Charge 3、および Fitbit Versa のエディションで動作します

2018年以降に発売されたFitbit Ionic以降の機種ですね。

「NFCチップ」が内蔵された比較的新しいデバイスが必要になってきます。

僕は幸運にもギリギリ2018年モデルの「Fitbit Ionic」を購入しましたので、Fitbit Payを使えるようでした。

 

 

Fitbit Payに対応している銀行口座

そして、Fitbit Payに対応している銀行口座を保持していなければなりません。

日本ではあろうことか、

ソニー銀行しか対応していません。

三菱UFJ、みずほ、りそな、三井住友銀行も全てアウト。

僕自身、ソニー銀行の口座を持っていなかったので、わざわざFitbit Payを使うためだけにソニー銀行の口座を開設しました笑

 

Fitbit Payを使うための準備設定

お次は準備ですね。

 

ソニー銀行口座を開設する

銀行口座を準備しましょう。

日本では「ソニー銀行」のみ対応なので、ソニー銀行の口座をお持ちでない方は口座を開設しましょう。

銀行口座を開設するといっても審査は無いに等しく、誰でも簡単に作れるオンラインバンクなのでご安心ください。

こちらから申し込んでみてくださいね。

身分証明にかかる時間もあり、およそ1ヶ月ぐらいで口座を作れるでしょう。

 

Fitbit Pay使うための設定

銀行口座を開設したら、ソニー銀行のウォレットカードが自宅に届くでしょう。

このカードが手元にある状態で、今度はFitbit側の設定をします。

 

まずFitbitアプリを開き、「人マーク」をタップし、デバイスを選びます。

そして「ウォレット」を選び、

いろいろ設定していきます。

まずは暗証番号を4桁。

こちらは支払う前にデバイスで入力する暗証番号のことで、この暗証番号でデバイスをロックできます。

万が一紛失した場合でも、第3者にFitbit Payを使われる恐れはありません。

 

暗証番号が要求されるタイミングも自分で選べるので、お好みに応じて変えてみてください。

そして、クレジットカード番号、

 

 

住所を入力し、

 

 

同意して

メール認証をすれば完了です。

これでFitbit Payで支払えるようになりますよ。

 

ソニー銀行のアプリを準備する

ソニー銀行はオンラインバンクなので、預金通帳がありません。

通帳がないので、口座の残高はアプリで管理するのをオススメします。

ありがたいことに「ソニー銀行」アプリがリリースされているので、こちらをダウンロードしてアカウントを紐付けてみましょう。

ソニー銀行
ソニー銀行
posted withアプリーチ

出入金の履歴、残高をスマホアプリ上で確認できます。

しかも、銀行口座への振込もこのアプリでできてしまうのだから驚きですよ。

 

銀行口座に入金する

続いて、Fitbit Pay使うためにソニーの銀行口座へ入金しましょう。

マネーが入っていないと、いくらFitbit Payでも使えませんからね。

入金方法は2通りで

  1. 提携ATMから入金
  2. 他の銀行から振り込む

のいずれか。

提携ATMは以下のATMが対象になっていて、手数料なしで入金できますよ。

  • 三井住友銀行のATM
  • 三菱UFJ銀行のATM(病院・学校などに設置の一部のATMを除く)
  • ゆうちょ銀行のATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM(「イーネットマーク」のあるファミリーマートなどのATM)
  • イオン銀行ATM

僕は試しに、提携ATM経由(三菱UFJのATM)で1万円入金してみました。

 

Fitbit Payの使い方

準備が整いましたので、Fitbit Payを使ってみましょう。

 

Fitbit Payが使える場所に行く

まずはFitbit Payを使える場所に行ってみましょう。

残念ながら今のところ、どこもかしこもFitbit Payウェルカムではありません。

ずばり、

「Visaタッチ決済」に対応している店舗でFitbit Payを使えます。

 

詳しくはこちらのVisaの公式ページを参考にしていただきたいんですが、例えば次のような店舗でVisaタッチ決済を導入しているのです。

  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • エブリイ
  • カスミ
  • KOHYO
  • コンフォートマーケット
  • ジェーソン
  • スーパーマルハチ
  • 全日食チェーン
  • ダイエー
  • Peacock Store
  • ビオセボン
  • ベルク
  • まいばすけっと
  • マックスバリュ
  • マルエツ
  • マルナカ
  • ヨークフーズ
  • ヨークプライス
  • ヨークベニマル
  • ヨークマート
  • アズナス
  • 生活彩家
  • セイコーマート
  • セブン‐イレブン
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ウエルシア薬局
  • ミネ薬局
  • エクセルシオールカフェ
  • 餃子の王将
  • ぐるなびPay
  • タリーズコーヒー
  • ドトールコーヒーショップ
  • ハブ
  • ほっかほっか亭
  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • すき家
  • ココス
  • はま寿司
  • なか卯
  • ビッグボーイ
  • ジョリーパスタ
  • ヴィクトリアステーション
  • 華屋与兵衛
  • 和食よへい
  • 久兵衛屋
  • 宝島
  • 熟成焼肉いちばん
  • 焼肉倶楽部いちばん
  • 牛庵
  • モリバコーヒー
  • エルトリート
  • ミルキーウェイ
  • iiyo!!(イーヨ!!)
  • イオンモール
  • オーパ
  • 表参道ヒルズ
  • クリスタ長堀
  • 京王百貨店
  • サッポロファクトリー
  • 新丸ビル
  • 東京ビルTOKIA
  • 二重橋スクエア
  • ビブレ
  • フォーラス
  • 丸の内オアゾ
  • 丸の内ブリックスクエア
  • 丸ビル
  • グッデイ
  • コカ・コーラ
  • 郵便局
  • ヒマラヤ
  • ブックファースト
  • PLANT
  • 文教堂
  • ラオックス
  • 大阪国際空港
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • JTB提供のC→REX端末を設置する旅館・土産物店
  • JapanTaxi(決済機付きタブレット搭載車両)
  • やんばる急行

ちょっと予想外に多すぎて混乱しますが、ようは、

 

https://www.visa.co.jp/content/dam/VCOM/regional/ap/japan/homepage/images/pay-with-visa/contactless/contactless-mark2-800×140-2.jpgより

このマークがついているお店ならばVisaタッチ決済が使える、つまりFitbit Payで支払えるのです。

いやあ、こんなにVisaタッチ決済が使えるお店があったとは知りませんでしたよ。

 

Fitbit Payの準備

買い物かごを引っさげて、レジに並びましたね?

自分の番が来る場合に、Fitbit側で準備をしておきましょう。

Fitbitデバイスのメニューから「ウォレット」と、

タップでロック解除して、

暗証番号4桁を入力します。

こちらは先ほどの準備編で設定した暗証番号ですね。

 

そしてSony Bank WALLETの画面がでできましたね?

この画面になったら準備完了で、あとは自分の場になるのは待つだけ。

 

Fitbit Payを使う宣言をする

自分の場合になったら、自分がFitbit Payで支払いたい旨を店員さんに告げましょう。

ただし、Suicaやパスモのようにそのまま

「Fitbit Payで」

と、どうどう宣言してはいけません。

言い方は2通りで

  • 「クレジットカードで」
  • 「Visaタッチ決済で」

のどちらかが望ましいでしょう。

なぜなら、Fitbit PayはVisaタッチ決済の中の数ある決済手段の1つであり、店員さんが必ずしもFitbit Payを認知しているとは限らないからです。

僕は上記の2通りを試しましたが、

「クレジットカードで」

が最も混乱せずにスムーズに決済できたのでオススメです。

「Visaタッチ決済で」

でも具体的でいいんですが、僕がやってみたところ若干店員さんが困惑し、

「ク、クレジットカードのことですか?」

となってしまったので、それならば最初から「クレジットカードで」と宣言した方が身のためです。

 

タッチする

このようなマークがついた端末にFitbitをつけた腕を伸ばして、Fitbitデバイスを近づけましょう。

無事に支払いが完了すると、Fitbitデバイスが振動するはず。

 

支払い履歴を確認する

Fitbit Payで支払ったら、念のために支払い履歴もチェックしましょう。

「ソニー銀行のアプリ」を開いて、入出金の記録を見ると、リアルタイムで支払い履歴が反映されているではありませんか。

残念ながらFitbitデバイス上では残高が確認できません。

Fitbit Payを使うならば、ソニー銀行のアプリを入れておくと安心して支払えるでしょう。

 

Fitbit Pay を使ってみた感想

以上です。

ソニー銀行口座の開設は一苦労でしたが、意外にもFitbit Payが使える店舗が多くてこれから役に立ちそうです。

 

Fitbit Payはスマホ決済の先を行っている

そしてFitbitで払えるのはなかなか良い体験でした。

なぜなら、Fitbitは身につけている時計なので、

いちいち何かを取り出さなくてもいいからです。

ポケットやカバンからスマホや財布を取り出す、などの「取り出し」フェーズが存在しないのでアプリ決済よりも便利。

もちろん、ICカードのSuica、PASMO決済と比べても1歩抜きん出ています。

まだまだFitbit Payは「Visaタッチ決済対応店舗のみ」でしか使えないので、今後は普及を願うばかりです。

あわよくばSuicaに対応し、列車の運賃なども払えるようになるといいですけどね。

今のところSuicaは未対応

 

運動のついでに買い物ができる

そして、Fitbit Payならではの利点は、ずばり、

運動のついでに買い物ができること。

例えば、Fitbitをつけてランニングをすれば、ランニングの帰りにコンビニ(セブンイレブンやローソン)で買い物して帰って来れますよね?

ランニングに必要な「ランニング腕時計」というアイテムで買い物できるようになった事は、ランナーにとって朗報でしょう。

もちろん、ランニングだけでなくても筋トレでも応用可能。

Fitbitつけてジムに行けば、帰りにサラダチキンをコンビニでFitbit Pay経由で買えるんです。

 

ぜひ、Fitbit Pay対応のFitbitデバイスをお持ちの方はFitbit Payにトライしてみてください。

 

それでは!

Ken

 

 

【参考記事】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。