3分でわかる!Fitbitの新機能「Relax」で呼吸を整える方法

Fitbitの新機能!Relaxで深呼吸の練習をしてみた!

どうも、Kenです。トゥクトゥクが呼んでますね。

 

ランニング心拍計としても活用できるウェアラブル端末Fitbit Blaze。

先日、なんとなくノリでFitbit Blazeのソフトウェアをアップデートしてみたのですが、

なんと、このアップデートにより、

Relax

という新機能が追加されていたのです!

 

fitbit blaze アップデート

 

Fitbitのヘルプページで調べてみると、このRelaxという機能はどうやら、

ガイド付き呼吸セッション

らしかったのです。

簡単に言ってしまうと、このRelaxを使えば、

深呼吸の練習ができる

ということですね笑

 

確かに言われてみれば、深呼吸の練習をする機会なんて日常に早々転がっていないので、興味津々。

早速、Fitbit BlazeのRelax機能で深呼吸の練習を体験してみました。

 

 

Fitbit BlazeのRelax機能で深呼吸の練習をする方法

まずはそのRelax機能の使い方から見てみましょう。

 

使い方1. 「Relax」を選択

まずは、Fitbit Blazeのメニューの中から「Relax」を選択。

 

fitbit blaze アップデート

 

すると、

しばらく待機します

穏やかなひとときを見つけましょう。

というちょっとよく分からない表示が出ますが、ここはあまり気にせず、

準備完了

で次の画面に進みましょう。

 

 

Fitbit 呼吸

 

 

使い方2. 深呼吸を練習する時間の長さを選択

続いては、

どれくらい深呼吸の練習をするのか??

という練習時間の長さを選択します。

 

Fitbit BlazeのRelax機能で用意されているの練習時間は、

  • 2分
  • 5分

の2パターン。

 

今回は例として、2分間の呼吸セッションを選択してみました。

 

Fitbit 呼吸

 

 

使い方3. 深呼吸スタート

深呼吸の練習時間を選ぶと、ついに深呼吸がスタートします。

 

Fitbit 呼吸

 

右下の矢印ボタンを押してやると、次々に意味深なメッセージが出現。

「呼吸に集中して・・・・」

 

Fitbit 呼吸

 

「落ち着いて・・・」

 

Fitbit 呼吸

 

「円に従いましょう・・・・」

 

Fitbit 呼吸

 

などなど。

新興宗教に入信してしまったかのような錯覚におちりますが、心配ご無用。

ここからFitbitの呼吸セッションが始まります。

 

使い方4. 円に合わせて深呼吸

すると、Fitbit Blaze上に円が出現し、こいつが萎んだり、膨らんだりしていきます。

 

https://gyazo.com/22f765ecfb845193fca0927fc1f0a836

 

この円はまさに人間の肺を表していると言っても過言ではないでしょう。

膨らんだときは息を大きく吸って、

 

Fitbit 呼吸

 

萎んだときは息を深く吐き出せばいいのです。

 

Fitbit 呼吸

 

 使い方5. 呼吸のタイミングは振動で知らせてくれる

「常にディスプレイを見続けなきゃいけないの??」

と思うかもしれませんね。

深呼吸といえば目をつぶってするのが一般的なので、このような疑問がポップアップするのは当然のこと。

恥ずかしがることはありません。

 

そんな目をつぶって深呼吸の練習したい方のためにFitbit Blazeでは、

振動で呼吸を切り替えるタイミングを通知してくれます。

Fitbit Blazeで膨らんだりしぼんだりする円を常に見なくても、振動するタイミングで呼吸を切り替えていけばいいのです。

 

 

FitbitのRelax機能で深呼吸の練習をすると確かにリラックス

と、以上がFitbit Blazeをつかって呼吸の練習をする方法でした。

  1. Relax機能
  2. 深呼吸の長さを選択
  3. スタート
  4. 円に合わせて深呼吸
  5. 振動でタイミングを知らせてくれる

 

うまく深呼吸できるとスパークルが飛ぶ?

こちらのフィットビットのヘルプページによると、

デバイスの心拍数分析をもとに、20 秒後にフィードバックが表示されます。これは、あなたがどれくらい忠実にガイドに従ったかを知らせるものです。 スパークルがたくさん見えるほど、あなたはガイドとよりシンクロしていたということです

だそうです。

つまり、深呼吸中に20秒ごとに心拍数分析を元にうまく深呼吸できているかフィードバックしてもらえるということですね。

 

うまく呼吸を円の膨張に合わせてやってると、こんな感じで、画面に星のようなものが輝いてくるのです。

 

 

これがスパークルというやつですね!

 

 

アプリには深呼吸の練習は記録されない

Fitbitでエクササイズをしたり、腹筋のトレーニングをしたり、自転車に乗ったりすると、ダッシュボードに記録されるようになってしましたね??

当然、このRelaxにおける呼吸の練習も記録されると思っていたのですが、

結論、

Relaxにおける深呼吸の練習は記録されない

らしいです。

うーん、ちょっと残念笑

 

本当にリラックスできたのか??

今回、お試しでFitbitのRelaxで呼吸の練習をして見ましたが、

うん、

結構リラックスできた気がします。

 

普段、深呼吸するタイミングなんてそうそうないので、Fitbitで意図的にその機会を設けることで深呼吸の練習に励めた気がします。

もしかしたら、マラソン大会のレース前や、デート前など極度に緊張するシチュエーションで使えそうです。

Relax機能で深呼吸してみるのが効果的かもしれません。

 

Fitbitのガイド付き呼吸セッション機能が気になる方は、Fitbit Blazeでよかったら体験してみてくださいね。

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す