【2019年版】選び方の参考になる!Fitbitの種類の進化年表

Fitbitの種類増えすぎ!笑

スマートウォッチのFitbitのご存知ですか?

このデバイスを使えば、自分の心拍数を計測したり、自分の活動量を把握したり、睡眠中につけてれば睡眠の質なども計測できてたります。

これは健康オタクにはたまらないデバイスですね。

 

実はこのFitbitは2013年に発売されてからメキメキと種類を増やしていて、

2019年5月現在では、

17種類も存在しているみたいです!笑

fitbit 比較

僕自身、2016年にFitbit Blaze を購入し、その時にFitbitの比較の記事を書いたんですが、どんどん種類が増えていくので記事を頻繁に更新しなければなりませんでした。

あまりにも増えすぎて、正直カオスになっていてFitbitをよく理解している自負していたぼくも、今ではよくわからなくなってきてます笑

今日は、このFitbitの種類を整理するために、

Fitbitの進化年表

を作ってみました。

 

fitbit 比較 年表

 

 

Fitbitの種類を大まかに整理してみた

2013年から2019年までに発売されたFitbitのデバイスを見てみると、次の5つのタイプにわかれることがわかりました。

 

万歩計型

まず2013年に発売された初期のタイプは万歩計型でした。

種類は

  1. Fitbit Zip
  2. Fitbit One

の2つ。

 

これは2013年に同時発売されたもので、主に万歩計の形をしていて、

  • 歩数
  • 移動距離
  • 消費カロリー

などを計測できました。

Fitbit Oneの方が Fitbit Zipよりも機能が多く、Oneには睡眠トラック機能が付いていたことが挙げられます。

Fitbitのすべてはここから始まったのです。

 

リストバンドタイプ

2014年に発売されたのが リストバンド型のFitbit。

手首に巻くようなFitbitデバイスです。

ディスプレイがついておらず、リストバンドを巻いてるような感覚でFitbitデバイスを楽しめるようになりました。

 

2014年に発売されたのは「Flex」という機種になりますね。

腕時計やミサンガのようにおしゃれに身につけられるようにFitbitが進化したのが大きかったですね、

さらに大きな変化は2016年に訪れます。

Flexの進化バージョンのFlex2が発売されたのです。

 

Flexに「防水」と「通知」という新機能が加わったリストバンドタイプになります。

 

小さいディスプレイつき

続いて出てきたのが小さなディスプレイがついているリストバンド型。

発売は2016年のFitbit Alta になります。

 

小さいディスプレイに時計機能が付いているので、腕時計として着用しながら健康管理できるようになったという革命的なデバイスだったと思います。

 

さらに、2017年になると、心拍数を計測できるようになった Alta HR が発売。

計測できるデータの種類が増えたのが新しかったと思います。

 

そして2019年、この系統で新しいデバイスが発売されました。

Fitbit Inspireというものです。

名前こそ違いますがコンセプトはだいたい一緒。

小さなディスプレイがついた腕時計型のデバイスで、このInspireには防水機能が付いていて、水泳中でもつけられるのが革命的だと思います。

後はソフトウェアが進化していて、計測できる項目が増えているという点がありますね。

 

また、注目したいのが 子供用の Fitbit の誕生。

2018年にFitbit Aceというタイプが発売され、これはAltaを子供向けに改良したようなモデル。

計測項目は少なくなるものの、Altaより手頃な値段で子供用にFitbitデバイスを揃えられるようになりました。

 

中ディスプレイがついているFitbit

続いて、新しい系統としてできたのが、

中くらいのディスプレイがついたリスト型のデバイス。

2015年に発売された Charge HR というデバイスが先駆けでした。

このFitbitでは時計機能はもちろん、活動量計としても使え、しかも心拍数の計測できる代物でした。

 

さらに翌年の2016年には、Charge2という新しいモデルが発売されました。

これは GPS 機能と通知機能が新しくついたタイプで、ディスプレイも少し大きくなりました。

 

さらに2018年、Charge3という最新機種が発売されました。

防水機能が付いて水泳中で使えることはもちろん、バッテリーの寿命が延びたり、アルミニウム素材を使うことで耐久性と軽量性が上がったりなどの細かいアップデートがあったみたいです。

 

時計型のFitbit

最後のタイプがデジタル時計のような形をした時計型のFitbit。

2016年に発売された

  1. Fitbit Blaze
  2. Fitbit Surge

から始まりました。

BlazeとSurgeの違いは GPS が内蔵されているか否かの違いだったんですが、やはりGPS内蔵のSurgeが一番高級タイプとされていました。

 

 

しかしながら、2018年に革命が起きました。

それは、

Fitbit Ionic

の発売ですね。

2018に発売されたモデルで、2016年から2017年に幅を利かせていたBlazeとSurgeのいいとこ取りをしたようなタイプ。

防水機能もついていますし、 GPS も内蔵されていてソフトウェアも格段に進化している神のようなFitbitデバイスが登場したのです。

 

その後に追いかけるように発売されたのがFitbit Versa。

Ionicの最強の機能を少しカットした廉価版の Fitbitで、おしゃれなデザインを目指しているような印象を受けました。

バンドの種類もファショナブルなものが増えていて変えられるようになっていました。

具体的にIonicと比べてカットされた機能は、

GPS内蔵

という機能。スマホと連携すればGPS接続できるので、まあこれはなくてもいいかといった印象。

 

しかも、さらに、2019年には

Fitbit Versa ライトエディション(通称Fitbit VersaLite)

が発売されました。

2018年に発売されたFitbit Versa の機能をちょっと削ったようなもので、

  • Fitbit Pay
  • 水泳のラップ機能
  • 登った階段数
  • 音楽再生

などの機能が削られたものです。

選べるカラーが増えて、よりファッション性を追求したタイプになっています。

 

 

Fitbit進化年表を作ってみてわかったこと

以上がFitbitのデバイスの種類の整理と大まかな歴史でした。

この Fitbit の発売された状況を年表に整理してみるとこのようになりますね↓

 

fitbit 比較 年表

 

こうやって整理してみると、

時計らしさを前面に押し出したデバイスが生き残っている

ということが浮かび上がってきます。

万歩計型など日常的に使いにくいものは淘汰されていますね。

ディスプレイがあるというのは最低条件になっていて、やはり時計として使えるのが必要最低限なのかもしれません。

 

また、2019年のトレンドは、

つけすぎた高機能がどんどん外されている

ということ。これはIonicからVersa、ライトエディションへの変化から感じ取れます。

もしかしたらFitbitはデバイスの値段を下げようとしていて、中華系の安い健康管理デバイスに対抗しているのかも。

 

あとは防水機能がデフォルトになってきていること。

2018~2019年に発売された

  • Charge3
  • Ionic
  • Versa
  • Inspire
  • Versaライトエディション

はすべて防水機能がついていて、水泳中もつけられるようになっています。

まるでこの流れはスマートフォンの進化と同じで、とりあえず風呂でも使えるように防水機能が付いてきた歴史を思い出しました。

 

今後はどうなっていくかわかりませんが、僕自身、Fitbit Blaze を毎日つけて生活しているFitbit愛好者なので、今後もFitbitの動向はウォッチしていきたいと思います。

 

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す