FreeStyleリブレのセンサーを痛みが発生しないようにつける方法




FreeStyleリブレセンサーの「痛み」が怖い

先日、FreeStyleリブレのセンサーを購入し、再び血糖値のモニタリングを開始しました。

センサーをつける際に怖がったのが「痛み」です。

初めてFreeStyleリブレをつけた時、

  • センサーを腕に装着する時
  • 装着後、筋肉を動かす時

のタイミングで痛みが発生したからです。

 

ただ、前回は「センサーが腕の外側に寄りすぎた」のが反省点だったので、今回は、

本当に「腕の真後ろ」につけることを意識しました。

腕の真後ろとはここら辺。

https://www.myfreestyle.jp/patient/howto/attach.htmlより

上腕二頭筋の裏の「二の腕」のお肉ですね。

 

今回、センサーをつける際に参考したのは、FreeStyleリブレの公式の動画です。

説明動画では、ポパイのようにガッツポーズし、上腕二頭筋を出して、二の腕のお肉にグッと押しつけていました。

 

前回センサーをつけた時は、少し外側に装着しちゃったのですね。

今回は本当に「上腕二頭筋の裏側のだぶだぶのお肉」につけることを意識しました。

 

ビデオと同じように、ポパイのポーズをし、盛り上がった筋肉の後ろ側にセンサーを装着。

するとどうでしょうか?

センサーを装着する痛みは「まったく」ありませんでした。

あまりにも痛みがなさすぎて、

「あれ、ちゃんとセンサーついてる??」

と装着後におどおどしてしまったほどです。

でも、確認してみると、しっかりセンサーは付いているではありませんか。

 

いやー、すごいです。

センサー装着部位によって痛みが軽減されるとは。。。

 

ただ、センサー装着後の痛みは相変わらず発生しております。

筋肉を動かすときや、普通にしている時も時々痛みますね。

センサーを肌にぶっさしているので、これは避けられない痛みかもしれません。

 

FreeStyleリブレの痛みにビビっている方は、公式動画を参考にしましょう。

ポパイのポーズを取ってから、その腕の裏側にセンサーを装着してみてください。

きっと「より少ない痛み」でFreeStyleリブレを利用できるはずです。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。