フリースタイルリブレのセンサーを装着すると感じる2種類の痛み




 

素人でも血糖値を24時間計測できるフリースタイルリブレ。

僕が利用前に気になっていたのは、フリースタイルリブレを付けると痛いのかどうかでした。

なぜなら、フリースタイルリブレのセンサーを装着するためには、センサーを腕の後ろの肉に刺さなきゃいけないからですね。

 

センサーにはこのような針が付いていて、これを腕の後ろの肉にぶっ刺すのですよ?

フリースタイルリブレ 痛み

これでガチッと腕の肉に埋め込まれたようになり、血糖値を常時計測できるようになります。

フリースタイルリブレ 痛み

当然、針を腕に刺すのですから、痛いに出たいに決まってますよね。

フリースタイルリブレ 痛み

今日は実際にフリースタイルリブレのセンサーを付けてみた僕が、正直にどれくらいフリースタイルリブレの痛みがあるのか暴露しちゃいます。

 

フリースタイルリブレの痛みはどれくらい?

フリースタイルリブレの痛みは次の2種類です。

  1. センサーをつけるとき
  2. センサーをつけた後

 

センサーをつけるときの痛み

まずはセンサーをつける時の痛みです。

センサーの針を腕の後ろの肉にぶっ刺す時、残念ながら痛みが発生します。

これは、使い前から想像した通り、確かにありました。

痛いかそうではないが聞かれたら、間違いなく「痛い」と答えるような痛みですね。

 

ただ、健康診断の時の注射と同じぐらい、いや、それよりちょっと弱い痛みです。

もがき苦しむほどの痛みではありません。

 

また、刺す瞬間も怖くないように設計されていたのが、臆病者の僕にとってありがたかったです。

フリースタイルリブレの背ンサーアプリケーターを押し込んでセンサーを装着するのですが、徐々にアプリケーターに力を加えていくと、ある地点をすぎると、ぐっと最後までいきなり肌の奥まで刺せるようになっているのです。

自分で針を刺すことに慣れていない方でも安心ですね。

 

センサーをつけた後の痛み

これは予期していなかったんですが、フリースタイルリブレのセンサーを付けた後でもそれなりに痛みがありました。

何もしていなくても時々、ずきずきする痛みを感じることもあります。

ただ、そんなに痛い訳ではなく、ちょっとチクチクするなというぐらいの痛み。

 

また、特に痛みを感じたのが、センサーをさしている側の腕の筋肉を動かす時でした。

僕は左の腕の後にフリースタイルリブレのセンサーを付けました。

例えば、座っていて左手をついて立ち上がろうとした時、腕の筋肉を稼働させたときに痛みを感じました。

後は風呂場で背中を洗うとき。

タオルを背中の後ろ側に回してゴシゴシするときにも腕の後ろの筋肉を使うためか、痛みを感じることもありました。

ただ、痛みはそれほど強いものではなく、チクッとするような痛みで筋肉を動かせないほど支障は出ませんでしたね。

 

結論:フリースタイルリブレをセンサーを装着すると痛みはある

以上、フリースタイルリブレをセンサーを装着する際に生じる痛みでした。

結論、痛みは予想通りありますが、頑張れば乗り切れる程の痛み。

健康診断の注射に耐えられるかたは大丈夫でしょう。

ただ、痛みはあくまでも主観的なもの。

この記事で紹介したのはあくまでも僕の感じた痛みです。

やはり、フリースタイルリブレの痛みはフリースタイルリブレのセンサーを実際につけてみないとわかりません。

興味がある方は勇気を出してフリースタイルリブレのセンサーを装着してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。