血糖値を誰でもどこでも測定できるフリースタイルリブレ。

血糖値を計測したら、データの結果を見返したくなりますよね?

フリースタイルリブレの読み取りリーダーでも確認できますが、リーダーはあまり使い勝手が良くありません。

長期間前の過去データを遡って確認したり、誰かとデータを共有するということは苦手としています。

そこでおすすめなのが、

リブレ公式のデータ管理ソフトウェアを使う方法です。

フリースタイルリブレの公式のソフトウェアが存在していて、リーダーに保存されたデータをパソコンにダウンロードして閲覧できるのです。

このソフトウェアは、Mac・Windowsの両OSで対応していますね。

システム要件には縛りがあるので、こちらをご確認ください。

システム要件(2018年03月現在)
Microsoft Windows 7(32または64bit)
Microsoft Windows 8(32または64bit)
Microsoft Windows 10(32または64bit)
macOS High Sierra

 

ちなみに、最新のMac OSのCatalinaには非対応。1つ前のSierraまでしか対応していません。

僕は残念ながらCatalina OSにアップデートしてしまったので、Macバージョンは使えませんでした。

代わりに、Windowsソフトをダウンロードし、それを「Paralles」というソフトを使って、MacでWindowsを起動し、そのWindows内でソフトを使ってみました。

なんとかこの方法でCatalina OSでもデータ管理ソフトウェアを使えるようになりました。

Macの方はParallesをかましてWindowsソフトを使うことをおすすめしますよ。

 

 

【FreeStyleリブレ】データ管理ソフトウェアの使い方

使い方は簡単です。

 

ソフトを起動する

先程ダウンロードしたソフトを起動しましょう。

するとこのようなウィンドウ出てくるはず。

 

読み取り装置をパソコンにUSB接続

フリースタイルリブレの読み取り装置のリーダーをパソコンにUSB接続しましょう。

付属されている黄色いUSBケーブルで、フリースタイルリブレとパソコンを接続すればいいんですね。

 

レポートを作成する

USB接続が完了すると、「レポートを作成」という項目が選べます。

このソフトウェアで閲覧できるデータは次の種類がありますね。

  • スナップショット
  • 日内パターン
  • グルコース変動パターン
  • 月別サマリー
  • 週別サマリー
  • グルコース変動パターン
  • 日別記録
  • 食事時間パターン
  • 読取装置の詳細

このレポートの種類を中から1つ選び、レポートを表示すれば、指定したレポートをソフトウェア上で表示できます。

こんな感じですね(スナップショットの場合)。

これならばフリースタイルリブレのデータを第三者に共有して見せれますし、過去に遡ってデータをまとめて閲覧することも可能。

 

ただし、まだまだ使い勝手が悪く操作しづらいです。

1つ目に、データを保存しにくいということ。

なぜか「保存」を押すと、エラーが出てしまいますし、かといって、PDFファイルとして印刷データを保存しようとしても、なぜかできません。

現状ではおそらくデータを表示してから紙で印刷するしかなさそうです。

今後、データ閲覧機能の改善に期待したいところですね。

詳細はこちらの公式ページに載っていますので、チェックしてみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。