血糖測定器フリースタイルリブレを導入してみた【使い方を解説】




 

血糖値をスキャンして測定できる「フリースタイル リブレ」。

このマシーンを導入したきっかけは、夜中に目が覚めるようになってしまったからです。

0時頃に寝ても眠りについても、夜中2〜4時頃に頭が突如覚醒し、寝付けない状態になってしまうのです。

そっから1日をスタートするか、目が冴えた状態でベッドで夜が明けるのを待つかしかありません。

早起きできるようになったのは望ましいことですが、望まぬ早起きははっきり言って地獄です。

ここ数週間で徐々に夜中に目覚める頻度が増えてきて、今ではほぼ毎日夜中に目が覚めてる身になってしまいました。

 

どうにかこの原因を突き止めようと調べてみたところ、

低血糖症の疑いが出てきました。

夜間寝ている間に血糖値が下がり、血糖値を上げるためにアドレナリン・コルチゾールなどのホルモンを分泌し、結果的に自律神経が乱れ、夜中に目が覚めてしまう現象です。

原因は定かではありませんでしたが、低血糖症の疑いを潰しておきたかったので、血糖値をモニタリングすることにしました。

そこで導入したのが、この記事で紹介する「フリースタイル リブレ」なのです。

こちらは処方箋もなくて購入できる医療機器。

センサーを後ろへ腕の後ろに装着し、読み取り機を近づけるだけで最大2週間、血糖値をリアルタイムで測定できるんです。

今日はこのフリースタイル リブレの使い方を紹介しますね。

 

 

フリースタイル リブレ使う前の準備

まず準備からですね。

用意しなければいけないのは次の3つです。

  1. センサーパック
  2. 読み取り機
  3. アルコール綿

です。

 

読み取り機は血糖値のデータを測定・表示するための機械。

センサーパックは身体から血糖値を測定するためのセンサーで必須のものです。

センサーは最大2週間まで利用可能な消耗品。

 

センサーを腕に装着するために必要なのが「アルコール綿」です。

こちらはセンサーの装着部位を衛生的に保つために必要なアイテムで、インスリン用の注射用のものを購入すればいいでしょう。

 

 

フリースタイル リブレの使い方

それでは、いよいよ、使っていきましょう

 

読み取り機を充電

フリースタイル リブレの読み取り機を充電します。

USBケーブルで充電できるので、スマホと同じ要領で充電しましょう。

一度充電すれば最大で2週間持ちますよ。

 

センサーを装着する部位を衛生的に

続いて、フリースタイル リブレのセンサーをつける部位を清潔にしましょう。

インスリン注射用のアルコール綿でセンサーをつける予定の「腕の後ろの部位」を拭いて乾かしておきます。

 

センサーを装着

フリースタイル リブレのセンサーは上腕の後方へ装着します。

左右どちらでも構いませんが、傷跡やホクロ、ストレッチマーク、またはインスリン注射の部位は避けましょう。

また、以前にフリースタイル リブレをつけた場所は避けると良いそうです。

 

フリースタイル リブレのセンサーは2つのパーツできています。

  1. センサーパック
  2. センサーアプリケーター

センサーパックにはセンサー本体が内蔵されていて、センサーアプリケーターはセンサーを腕に刺す時に使う道具。

まずセンターパックのフタを開け、さらにセンサープリンターの蓋もくるっと回してオープン。

センサーアプリケーターをセンサーパックの中に差し込み、音がなるまで差し込みましょう。

 

そしてセンサーパックからセンサーアプリケーターを持ち上げるのです。

すると、センサーアプケーターの中にセンサーがハマっていて、このようにセンサーの針も出てくるんじゃないでしょうか。

 

その状態でいよいよ腕に刺していきますよ。

センサーの針は明らかに痛そうだったので、僕はゆっくりとセンサーアプリケーターを腕に押し込んでいきました。

すーっとゆっくり装着したかったのですが、そうもいかず。

センサーアプリケーターは途中から加速度的にぐいっと早くなってしまい、恐怖を感じる間もなくセンサーが僕の腕につき刺さりました。

もちろん、刺す時に痛みはありましたが、注射ほど痛くない程度です。

アプリケーターを腕にぐいっと押し込んで、カチッと音が鳴るまで押してみましょう。

するとこんな感じで、センサーが腕にぴったりとくっついて腕の一部のようになったら装着完了。

遠目から見るとセンサーはこんな感じでくっついています↓

 

センサーを登録

このままだとセンサーをさしただけで終わってしまし、読み取り機で血糖値を読み取れません。

読み取り機にセンサーを登録する必要があるんですね。

 

読み取り登録方法は簡単。

まず読み取り機のボタンを押して電源をオンにします。

そして、

新しいセンサーを起動

というメニューを選んで、センサーを読み取り機をセンサーに近づけてみましょう。

すると、

新しいセンサーが起動中

と出て「60分待て」という指令が出てきます。

本当に60分待って待ってくださいね。

 

血糖値を読み取る

60分たったら血糖値読み取りましょう。

センサーに読み取り機を近づけてみると、

ピロピロ

と音がして、読み取り機に現在の血糖値が表示されるではありませんか。

すごい。

人生で初めて自分の血糖値を自分で測定しました。

 

履歴をチェック

センサーに読み取り機を近づければ 、リアルタイムで血糖値がわかります。

さらに、過去に読み取った血糖値を読み取り機で確認できるのです。

「履歴を見る」というメニューで、

「履歴」と進むと、

センサーに読み取り機を当てた時の血糖値データがすべて保存されています。

そちらを見ると自分の血糖値を推移がわかるでしょう。

 

血糖値の推移をグラフで

血糖値の推移をグラフでも確認できます。

日内グラフ

というメニューを選べば、このように自分の血糖値を時間ごとにどのように記録されているのかわかります。

ありがたいのが、センサーに当てて測定しない時間帯の血糖値の変化もわかること。

何もせずともセンサーが血糖値を測定し続けてくれるので、例えば寝ている間とかの血糖値推移も記録してくれるのです。

 

 

いやー、すごいっす。

これまで血糖値を測定するときなんて健康診断のみしかありませんでした。

しかも、健康診断では空腹状態の血糖値(10時間以上絶食時)。

 

そのため食後、運動後にどう血糖値が変化するのか知るすべはありませんでした。

フリースタイル リブレを使い始めてから、自分の血糖値に関心を持ち始め、食事の内容に気を遣い始めました。

なんせ、何をどうやって食べるかで血糖値の推移が異なりますから。

まだ、使い始めたばかりで低血糖障害による不眠を解消できるかわかりません。

ただ、自分の血糖値を把握し、血糖値スパイクを少なくし、自律神経を安定させて健康的に眠れるようにしたいところです。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。