御前山トレイルラン大会とはどんなレース??

御前山トレイルラン大会とはどういうレース??

どうも、Kenです。

 

先日、茨城県の城里町にある御前山で行われたトレイルラン大会に参加してきました。

その名も、

御前山トレイルラン大会

ですね。

御前山トレイルラン大会

このトレラン大会のロングコース(27 km)を何とか死にそうになりながらも3時間弱で完走しにして帰ってこれましたので、今日はこの御前山トレイルラン大会の概要を紹介したいと思います。

 

種目と料金

御前山トレイルラン大会には次の4つの種目が用意されています。

次の表にまとめていましたので参考にしてくださいね。

種目 距離 (km) 参加料金(円)※税込
ロング 27 7,000
ミドル 19 6,000
ショート 10 5,000
ビギナー 6 3,500
ハイキング 6 1組1,000

参加料金は若干高めですが、この大会はものすごく運営がしっかりしており満足度が高かったので料金相応だと思いました。

また、種目に関しては短いコースから長めのコースまで用意されているので、トレラン初心者も上級者も楽しめる大会に仕上がっていますね。僕はトレラン初心者ですが思い切って最長のロング27kmに挑戦してみました。

 

コース

御前山トレイルラン大会は茨城県の城里町というにある御前山で行われます。

各種目のコースはこちら↓

http://www.shinkonet.com/gozenyamatrail/course_map-pt/course6-2-01.jpgより

 

ロングコースでは最大300 m の高低差があり、ロングコース全体では3回山を登って下るようなレースでしたね。

http://www.shinkonet.com/gozenyamatrail/course_map-pt/course6-2-02.jpgより

 

走るコースは山道のみならず、

岩場だったり、

御前山トレイルラン大会

川沿いの土手を走ったり、

御前山トレイルラン大会

畑の合間の道路を走ったりするコースで、

御前山トレイルラン大会

自然好きのランナーにはたまらないコースだと思います。

 

大会会場は?

大会本部とスタート&ゴール地点は「道の駅のかつら」というところに設置されていて、こちらは水戸駅より車で1時間ぐらいの距離があります。

 

この道の駅へのアクセスは電車でも徒歩でも無理なので、自家用車がある方は車が一番です笑

僕のように車を持ってない方は、会場へのシャトルバスが水戸駅から行きのみ出ておりまして、大体45分ぐらいでバスに揺られながら到着できました。

御前山トレイルラン大会

ただし、帰りはシャトルバスが出ていないので自分で有料の路線バスを使って帰ることになります。

御前山トレイルラン大会

1時間に1katte出ている路線バスで、水戸駅まで670円で連れて行ってもらいまいした。

バスの時間に関しては大会当日に配られるパンフレットに記載されていますのでそちらを参照すると良いでしょう。

 

ゼッケンの受け取りについて

ゼッケンの受け取りはレース当日に行いました。

大会の2週間前に自宅にハガキが届きますので、こちらのハガキをレース当日に持って行きます。

受付時間は当日の「朝7時〜9時」の2時間。

大会本部のゼッケン受取所でハガキを渡すと、ゼッケンと参加賞がもらえます。

 

参加賞は??

参加賞はズバリ特産物です。

2018年の第3回大会では、

にっこり

という城里町特産のなしが3つもらえました。

御前山トレイルラン大会

僕は一人暮らしだったので大きな梨を一人で3つ食べきらなければならず、 1週間ぐらいでようやく食べることができました。

御前山トレイルラン大会

毎日のように大きな梨を一人で食べるという贅沢で健康な食生活を送らせてもらいました笑

 

 

更衣室はあるのか?

更衣室は大会本部の近くに男女分かれてテントが張ってあります。

御前山トレイルラン大会

テントの内部には机や椅子が置いてあり、荷物置きながら着替えることができるように配慮されていました。

たぶん10〜20人ぐらいのランナーが一度に着替えられるスペースだと思います。

車で会場まで来ているランナーが多かったので、そういう方はおそらく車内で着替えていたのでしょう。

それほど更衣室がごちゃごちゃに混んでいる様子ではなく助かりました。

 

トイレは充実している

スタート前に行けるトイレは2箇所あり、レース直前のトイレには困りませんでした。

御前山トレイルラン大会

また、コース途中にもトイレを3箇所設けてくれていて、途中で寄れるように配慮してくれていました。

僕はダムの管理所のトイレのようなところで途中トイレに寄らせてもらって大惨事をまぬがれましたね。

 

給水について

給水はものすごくしっかり丁寧に提供されてくれていて、かなり満足度が高かったです。

ドリンクの種類としてはスポーツドリンクと水の2種類。

さらにフードに関してはさらに豊富で、

  • まんじゅう(2種類)
  • 梅干し
  • バナナ

など糖分や塩分を摂取できるように配慮されていて、ぶっちゃけ自分でフードを持たずともなんとか完走できるんじゃないかと思ったくらいです。

あとは、自分でマイコップを持って行くことをおすすめします。

給水所の何箇所かにおいてはマイカップではないと水が飲めないようになっていましたので、持ち運びながら走ることに越したことはありません。

給水所によっては紙コップを提供してくれるところがありましたのではなくてもギリギリセーフといったところ。

 

完走証を即時発行

完走すると完走証を即時発行してもらいます。

  • ゼッケン番号
  • 名前
  • 種目
  • オフィシャルタイム
  • 総合順位

といったレースの情報が書かれた紙で、その場で印刷してもらえます。

御前山トレイルラン大会

また、この完走証の他にも温泉の入浴券がもらえます。

御前山トレイルラン大会

ただし、温泉といっても御前山近くの温泉に限られるので、自家用車を持っていないランナーは自力で行けません笑

ぼくも使えずに終わってしまったのでホテルに置いて寄付してきました。

 

また、完走したランナーは無料で豚汁を飲むこともできます。

御前山トレイルラン大会

いやあ、トレラン後の汁物はしみますね。

 

荷物預かりは??

荷物預かりもしっかりしていました。

荷物預かり用のテントが設置されていて、その前に何人かスタッフが待機していて、話しかけると預かり用の袋をもらえます。

ゼッケン番号を告げると、その袋に番号を書いてもらえ、袋の中に自分の荷物を入れて荷物を預けることができました。

ただし貴重品に関しては自己管理になりますのでなるべく入れないようにしましょう。

 

 

さあ、御前山トレイルラン大会に出てみよう!

以上が御前山トレイルラン大会の概要でした。

ものすごく運営がしっかりしているトレイルラン大会で、給水やフード、トイレに余念がなく、楽しんで参加できました。

概要だけでも結構ボリューミーになったので、走ってみた感想や体験談についてはまた別の記事で書いてみようと思います。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す