フリースタイルのリブレのセンサーが外れてしまった衝撃




 

血糖値を測定できるフリースタイルのリブレ。

普通に過ごしていたら測定できない血糖値を、素人の僕でも測定できる画期的な機器です。

使い始めてから血糖値に関心を持て食事にも気を使うようになり、食事の後は必ず歩くようにするなどの行動すら変容してきました。

まだ使い始めて間もないですが、フリースタイル リブレを購入して良かったと思っています。

 

 

フリースタイル リブレのセンサーが外れた!?

しかしながら、です。

なんと、フリースタイル リブレのセンサーが開始5日目で外れてしまったのです!!!

最大2週間測定できるはずでしたが、その半分にもみたずセンサーがポロっと取れてしまったんですね。

 

事件は風呂に入って身体を洗っている時に起きました。

背中を洗うためにタオルを両手にかけて背中に回そうとしたところ、センサーにタオルが引っかかってしまったのです。

タオルが何かに引っかかり、

めりっ

という嫌な音がしました。

恐る左腕後ろのセンサーをみると、ぺろっと外れちゃっているではありませんか。

ヒョオオえええええええ!センサー7000円以上したんやで!?

 

 

フリースタイル リブレのセンサーが外れたらどうする??

高価なセンサーがおじゃんにならないように、風呂の中では手で押さえながらセンサーが外れないようにしました。

無事に湯船から上がり、身体を拭いて、服を着て、急いで絆創膏で固定。

息を切らしながら読み取り機をセンサーに当ててみると、次のようなエラーが出ちゃっていました。

センサーエラー

グルコース測定値が読み取れません。10分後に再び読み取り装置でスキャンを試します。

試しに10分後にやってみましたが、同じエラーが発生。

どうにもこうにもならなかったので、このセンサーでの測定は諦めることにしました。

リブレの説明書にも、

センサーの先端が皮膚から外れていたり、センサーが緩んでいる場合は、センサーを取り外して新しいセンサーを装着してください。

と書いてありましたからこれはしょうがないですね。

 

センサーを外してみると、センサーの針がこのように90度曲がっていました。

こりゃ、通りで使えないわけです。

タオルが引っかかって力が加わった結果、こんなにも針が変形しまったのでしょうね。

 

このようにフリースタイル リブレのセンサーは、いつ不慮の事故が起きて外れるかはわかりません。

使い始める時は予備に1個センサーを用意しておくと良いでしょう。

初めてフリースタイル リブレを使う方は、センサーを2つ注文するべきですね。

僕はあろう事が1つしかセンサーを注文していなかったので、また注文しなければいけません。

配達まで時間がかかるので、しばらく血糖値を測れなくなっちゃいました。

不慮の事故にも備え、センサーは余計にストックしておきましょう。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。