スマホで血糖値を確認できる!miaomiao2の使い方




 

血糖値をリアルタイムで測定できるFreeStyleリブレ

センサーにリーダーを近づけるだけで、血糖値をチェックできるのですから素晴らしい製品です。

しかし、1つ難点だったのは、

スマホで血糖値を確認できないこと。

リーダーだけでもいけるっちゃいけるのですが、リーダーを持ち運ぶのはめんどくさいのです。

スマホだけで血糖値を確認できないものでしょうか。

 

じつはそんな夢を叶えたプロダクトが存在しています。

その名も、

miaomiao2。

FreeStyleリブレのセンサーにmiaomiao2を取り付けると、スマホで血糖値を確認できるのです。

今日はこのmiaomiao2の購入方法と使い方を紹介します。

 

スマートリーダーmiaomiao2の購入方法

miaomiao2は中国の製品なので、ビックカメラ、ヨドバシカメラでは売っていません。

オンラインで中国から取り寄せる必要があります。

こちらのページから製品を選択して購入しましょう↓

 

2020年8月の時点で、miaomiaoの最新版は「miaomiao2」です。

旧式のmiaomiao1もあるので、miaomiao違いにご注意くださいませ。

 

もちろん、中国からの発送になので時間はかかります。

しかし、迅速に対応してくれ、注文から1週間ほどで届きましたよ。

購入を検討している方はクーポンコード「FRIEND-PFKL3S9」を使ってみてください。

コードを購入時に入力すると、US10ドルオフになるはずです。

 

 

実際に注文したところ、黄色い袋に包まれて国際便で届きました。

あけてみると、

  • miaomiao2の本体
  • 付属品の粘着テープ
  • 固定バンド

が入っていましたね。

 

スマートリーダーmiaomiao2の使い方

それでは、このmiaomiao2はどうやって使うのでしょうか。

 

充電する

電化製品ですので、付属のケーブルでまずは充電。

1度のフル充電で「2週間」電池が持つのでご安心ください。

ご親切なことに、リブレのセンサー期限まで持つように作ってくれたようです。

充電中にLEDのライトが「緑」から「青」に変わったら、充電完了を意味していますよ。

 

リセットする

充電が終わったら、miaomiao2をリセット。

リセットボタンはここにありますね。

ボタンが小さいので、鋭利なもので押す必要があります。

僕はスマホのSIMカードスロットを開けるキーで押しました。

 

リブレのセンサーにつける

miaomiao2をFreeStyleリブレのセンサーに取り付けましょう。

取り付け方は超アナログで、ズバリ、

粘着テープ

です。

miaomiao2には専用の粘着テープがついています。

こちらをmiaomiao2の「頭」と「カラダ」に貼り付けましょう。

 

そして、テープを貼った状態で「頭」をFreeStyleリブレのセンサーに、「カラダ」を自分の腕につけましょう。

すると、miaomiao2がFreeStyleリブレのセンサーに吸い付き、簡単には取れなくなります。

「え、テープだとmiaomiao2が落ちてなくなりそう」

と心配になる方もいるかもしれません。

そういう方は、付属のバンドでmiaomiao2を固定する方法もありますね。

ちなみに、僕は「バンドなし」で2週間、miaomiao2をセンサーにつけ続けました。

まったく取れる様子がなく、無事にリブレセンサーの期限を迎えたのです。

 

バインドする

スマホとmiaomiao2を紐付けましょう(バインド)。

スマホに「TOMATO」をインストール。

Tomato App
Tomato App
posted withアプリーチ

スマホのBluetoothをONにすると、近くにあるmiaomiao2が表示されるはず。

そいつを選ぶと、バインドに成功するでしょう。

これでスマホアプリに血糖値が記録されますよ。

 

血糖値が記録される条件

どういう時にmiaomiao2で血糖値が記録されるのでしょうか?

なんでもかんでも記録されるわけではなく、

miaomiao2とスマホが「Bluetooth通信できる距離」にある時だけ

記録できます。

 

スマホから遠く離れると記録できないんですね。

例えば、スマホなしでジョギングをすると、その時間は記録できません。

スマホの電源を切ってしまってもアウトです。

ただし、このような状況下にあっても、FreeStyleリブレのリーダーには記録されるのでご安心ください。

 

5分おきに計測される

どれぐらいの頻度で血糖値は記録されるんでしょうか?

ズバリ、

5分おき

です。

 

Bluetooth通信できる距離にmiaomiao2とスマホがあるならば、自動で5分おきに記録してくれます。

点を打ってくれるだけではなく、実際の血糖値を記録してくれます。

 

 

後で振り返って、詳細な血糖値を確認可能。

 

通知がくる

そして面白いのは血糖値に変化があると、アプリに通知が来ること。

血糖値が下がりすぎたり、急上昇したりするなど、変化があると通知が!!

これはありがたい機能です。

なぜなら、血糖値を能動的にチェックしなくても変化を察知できるからです。

 

miaomiao2ならば、スマホとmiaomiao2がBluetooth通信の距離にあるだけで、自動で記録してくれます。

そして、血糖値の値に変化があったら通知してくれるのです。

miaomiao2を使えば血糖値をモニタリングしやすくなるでしょう。

 

過去の記録を閲覧できる

そして、過去に記録した血糖値グラフを見返せます。

メニューの3番目「テレビマーク」を選んで「毎日」を選ぶと、直近の血糖値グラフを閲覧できます。

 

さらに「24時間」タブを見てみましょう。

こちらなら、最近3日間の血糖値の変化をグラフで確認できます。

 

 

もちろん、FreeStyleリブレのソフトでも血糖値の変化をグラフでチェックできました。

ただ、結果を見づらく、印刷しないといけない不便さがありました。

その点、miaomiao2を使えば、スマホアプリで全てが完結するのです。

 

さあ、miaomiao2を使ってみよう

以上、miaomiao2を使ってみた感想でした。

僕自身、半信半疑で使い始めましたが、miaomiao2を導入して正解でした。

miaomiao2を使えば、スマホさえ近くにあればリアルタイム(5分おき)に血糖値を記録してくれます。

miaomiao2のおかげで、外出先でも血糖値をモニタリングできるようになりました。

フリースタイルリプレで血糖値をチェックしている方はmiaomiao2もあわせて使ってみてくださいね。

購入を検討している方はクーポンコード「FRIEND-PFKL3S9」を使ってみてください。

コードを購入時に入力すると、US10ドルオフになるはずです。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。