SPO2を計測できる!スマートパルスオキシメータ「リングO2」の使い方




 

最近、睡眠の質が低下して、夜中に中途覚醒するようになってきました。

そこで導入してみたのが、

スマートパルスオキシメーの「リングO2」です。

こちらを使えば、素人でも自宅でSPO2を測定できるようになるんです。

「SPO2」とは、

Saturation Pulse O2

のことで、日本語でいうと、

動脈血酸素飽和度

で、医療現場でバイタルサインとして使われる重要な指標なのです。

 

ずばりこれは、

血液中にどれくらい酸素が含まれているかを示した割合のこと。

具体的に言うと、

動脈内部のヘモグロビンの何パーセントが酸素を運んでいるのかを表しています。

例えば、SPO2が「95%」ならば動脈内部の95%のヘモグロビンが酸素を運んでいるというわけ。

 

SPO2の正常値は「96%以上」。

95%未満だと呼吸不全の疑いがあり、90%未満の場合は在宅酸素療法がを提供しなければなりません。

このリングO2という機械では「リングセンサー」と呼ばれるパーツから「発光ダイオード」の光が指に照射されます。

この光が動脈の組織液で反射し、リングO2の検出器がこの反射光を検知します。

そして、帰ってきた光の波長によって吸収度を算出し、その値から何%のヘモグロビンが酸素を運んでいるか割り出すのですね。

 

従来、SPO2は医療現場の特殊な機械(パルスオキシメータ)でしか測定できませんでしたが、リングO2ではその「パルスオキシメータ」をスマートにして、誰でも自宅でSPO2を測定できるようになった機器です。

 

リングO2でSPO2を測定する方法

それじゃ、どうやってリングO2でSPO2を測定するんでしょうか?

 

リングO2を充電

リングO2でSPO2を測定する前に、リングO2を十分に充電しておきましょう。

リングO2でSPO2を測定する際は、リングO2のリングセンサーのLEDライトが常時発光することになります。

しかも、装着時間は長いので、割と電池を早く消耗するでしょう。

フル充電にしてから測定することをオススメしますよ。

 

リングセンサーをリングO2に装着する

そしたら、リングO2の本体にリングセンサーを装着。

これで準備完了です。

 

リングO2を身につける

リングO2のバンドを腕に通して、リングセンサーを「人差し指」または「親指」に装着。

 

モードを選ぶ

装着し終わったら、リングO2の測定モードを選びましょう。

ボタンを長押しして電源オンにすると、

MODE

という文字がディスプレイに出てくるでしょう。

 

リングO2では、

  • モニター
  • スリープ

の2通りの測定方法があります。

「モニター」は、日中目覚めている時にSPO2を測定する時に使うもの。

「スリープ」は文字通り、寝ている間にSPO2を測定するときに用います。

 

両者は測定項目が異なりますので、次の表を参考にしてください。

 

モードの切り替えは本体のボタンで切り替え、そのモードが表示された状態でしばらく待つとそのモードに決定されますよ。

 

測定を終了する

さて、測定を終了したかったらリングセンサーを指から外しましょう。

すると、自動的に測定が終了し、測定データはリングO2の本体に一時的に保存されます。

 

データをチェックする

リングO2では測定したデータをチェックしたいですよね?

実はスマートフォンとペアリングをすることで、スマホのアプリでデータを確認できます。

 

リングO2の電源をオンにした状態で、スマートフォンのアプリを開きましょう。

RingO2
RingO2
posted withアプリーチ

そこでペアリングをしたいデバイスを選ぶと、

スマホのアプリ上にデータが読み込まれて保存されます。

測定の日付、各種詳細なデータがズラーと一覧でアプリで確認できるようになるんです。

スリープモードの場合、このようなデータ、

モニターモードならこのようなデータになりますね。

ともに

  • 脈拍数
  • SPO2
  • 体動

はグラフで表示され、残りの細かいデータ項目は数値で表示してくれます。

 

リングO2を使ってみた感想

以上、リングO2の使い方でした。

リングO2を使って睡眠時のSPO2を計測してみました。

人生で初めてSPO2を測定しながら寝てみましたが、

こんなにもSPO2が低下している時間帯があったのか、と驚きです。

平均SPO2も「96パーセント以下」の日がほとんどで、正常値より少し低い値が出ていました。

もしかしたら、睡眠中のSPO2が低いことが睡眠障害を引き起こしている疑いが出てきましたね。

 

しかしながら、

これでどうしたらいいのかわかりません笑

ぶっちゃけ、睡眠の質が良かった時と悪かった時でSPO2を比べても相関関係がはっきりせず、

よく眠れた日に必ずSPO2が高いとは限りませんでした。

SPO2素人の僕としては、SPO2の値をどう使っていいのかよく分からないのです笑

 

ただ、睡眠中のSPO2の値が少し低いことはわかりました。

今後どのようにして、SPO2を睡眠中でも高めていくのかを模索していきたいと思います。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。