ランニングの疲れを癒すならスリランカのアーユルヴェーダ施設がおすすめ

コロンボマラソンの後にアーユルヴェーダ施設に行ってみた

 

先月、スリランカで行われたコロンボマラソンに参加してきました。

フルマラソンの部に出場し、かつてないほど失速して死神を垣間見た黒歴史的な大会となったのが記憶に新しいですが、そのあとに行ってみた、

アーユルヴェーダ施設

が最高でした。

 

アーユルヴェーダとは、

インド大陸発祥の伝統医学のこと

で、西洋医学とは異なるアプローチで人々の体調をよくしてくれる医学なのです。

特徴としては、発病前の予防の段階から治療が始まっているというところ。

西洋医学では何か病気が発病した時に対応して鎮圧しようとしますが、アーユルヴェーダは発病の前兆が現れる前から体のコンディションを整えるようとする医学です。

 

基本的な考え方としては、

人は生まれながらドーシャと呼ばれる3つの性質を併せ持っていて、

  1. ピッタ
  2. カパ
  3. ヴァータ

その自分固有のバランスを崩してしまうと体調が崩れるという理論で成り立っています。

そのため、アーユルヴェーダ の治療では、発病前に現れる不定愁訴を、ドーシャのバランスを整えることで解消しようとするアプローチになっています。

詳しいアーユルヴェーダ の情報は「サバイバル時代の健康術」を読んでみてくださいね。ぼくはこの本でアーユルヴェーダの存在を知りました

 

そして、そのアーユルヴェーダの治療を行うホテルのような施設がスリランカにはたくさんあり、今スリランカはこのアユールヴェーダの観光でかなり観光立国として頑張っているみたいですね。

特に、ヨーロッパからの観光客が増えているみたいで、日本からもちらほら健康志向が強い人たちの間で人気になり、スリランカのアーユルヴェーダ施設に宿泊する人がいるようです。

 

僕はコロンボマラソンで42.195km走った後に、スリランカのアーユルヴェーダ施設のうちのひとつの「ヘリタンスアーユルヴェーダマハゲダラ」という所に8日間宿泊してきました。

 

 

アーユルヴェーダどんなことを具体的に行うのか??

実際にアイルヴェーダ施設に宿泊することになると、どんな事をするのかちょっと気になりますよね。

 

食事は3食管理してくれる

アーユルヴェーダ施設では食事管理が徹底していて、 3食すべてホテルが出したものを食べなければなりません。

ビュッフェ形式になっていますので、自分の好きなものを自由に食べることができますが、メニューはむちゃくちゃ健康的。

野菜、フルーツ、穀物などが中心となり、それに加えてスリランカのカレーや、スパイスの効いたスープなどなど。

肉や魚が少ないため、タンパク質はあまり摂取できませんでした。

例えば、こんな感じのメニューです↓

このアーユルヴェーダ施設で食事を続けていると、むちゃくちゃ痩せますね。

 

僕自身、8日間いただけなのですが、アユルヴェーダ施設から帰ってきたとは頬がげっそりしてしまい、周囲からは

「あれ、痩せた?」

と言われたことがありました。

ダイエットしたい方はここに泊まるだけ体重が減ると思うので楽っちゃ楽です笑

 

また、どの食品にもドーシャに与える影響が書かれたプレートが置かれています。

このメニューを食べたら、自分のピッタを要素をあげることができから食べよう

と言うように、ドーシャのバランスを考えながら食事できるのも魅力ですね。

 

医師の診察で自分のドーシャが判明する

初めてアユルヴェーダの歯治療を受ける方は、

自分がどんなドーシャを持っているのか??

がわからないと思います。

アユルヴェーダ施設に着いた翌日に医師の診察がありますので、そこで自分のドーシャを教えてもらいます。

ぼくは診断の結果、

カパ・ピッタ体質

ということがわかりました。カパ、ピッタ単体ではなく、この2つの要素を併せ持っていて、どちらかというとカパが強いということです。

医師の問診、脈拍、血圧、などを判断材料としてドーシャを判断してもらうことになります。

このドーシャの診断に沿って、薬を処方してくれたり、食事のアドバイスをもらったり、マッサージのメニューを考えてもらいますよ。

 

ひたすらマッサージを受ける

アーユルヴェーダ施設に宿泊すると、

人生でこれまで経験したことがないぐらいマッサージを受けることになります笑

毎日厳密に「何時から何時まで」という感じで、マッサージのスケジュールが組まれており、毎日そのスケジュールが書かれた紙が配られることになります。

1日あたり2~4回20分ぐらいのマッサージを受け続けることになります。

もはやこのアイルヴェーダ施設に泊まることは、

マッサージ合宿に参加している

感じになりますね笑 来る日も来る日も寝て起きてはマッサージを受けに行かなければなりません。

 

僕はコロンボマラソンでボロボロになった状態でアーユルヴェーダ施設入りしましたが、度重なるマッサージで全身を揉みほぐしたり、首や肩まで血流良くしてもらいましたので、マラソン後のダメージを大幅に回復できましたね。

 

例えば、こんな感じのスケジュールで日程が進んでいきます↓

Treatment Time
Dr’s Consolation(医師の診察) 10:30
Welcome Treatment(ウェルカムマッサージ) 14:00
Murudu Sharia Abyanga(全身オイルマッサージ) 14:30
Vaktra Abyanga(顔マッサージ) 15:00
Herbal Bath(ハーブ風呂) 15:30
Meditation(瞑想) 18:00

 

薬も処方される

マッサージと食事だけでなく薬も処方してくれます。

 

朝と夜の二回服用するようになっていて、ドクターの診察の時に自分に必要な薬を選んでもらうのです。

そのアーユルヴェーダの薬が朝と夜のご飯の時間にキャビネットに薬が準備されるので、そちらを取って服用しなければなりません。

これらの薬は正直苦くてまずい薬ばっかりですが、効果を信じて服用し続けました。

 

ヨガ・瞑想のクラスもある

このようなマッサージ漬けの生活をしていると、

運動しなくなって体がなまってしまうのではないか??

と心配になってくることでしょう。

そんな方にも安心で、実はプログラムに

ヨガや瞑想

といったらインド発祥のエクササイズが組み込まれていますので、運動できるっちゃできます。

瞑想はひたすら自分の呼吸を観察して、過去や未来ではなく「今」に集中することをひたすら続ける修行のこと。週に2回瞑想のクラスが開かれます。

 

また、ヨガに関しては朝と晩2回ほぼ毎日開催されていました。

朝のヨガクラスは6時から1時間、夕方のクラスはだいたい6時頃から1時間ぐらい。

僕は人生で初めてヨガをやってみたのですが、

こんなにも苦しく、筋トレのような要素を持っているアクティビティだとは知りませんでした。

いや、ヨガって修行なんだな・・・・

と実際にやってみてわかりましたね笑

 

そのため、アーユルヴェーダ施設に宿泊している間は、ヨガや瞑想もあるので運動不足と言うことにはならないでしょう。

また、僕が宿泊したヘリタンスアーユルヴェーダマハゲダラには、一応スポーツジムのようなものもついていました。

あんまり使われておらず寂しいことになっていましたが、運動できるといえばできますのでご安心ください。

 

 

アーユルヴェーダ施設に8日間泊まってみた感想

そんなこんなの生活を一週間ちょっとの8日間経験してみました。

 

想像以上にハードモードだが健康になれる

毎日マッサージを受け続け、外出はしないでずっとホテルの中に幽閉されることになります。

すべての行いが健康に通じていますので、ランニングの疲れが取れてハッピーになることは間違いです笑

また、健康の中核を担う食事もホテル側が管理してくれますので暴、飲暴食で健康状態が乱れるということも起こりえません。

また、全くの初心者でもヨガ・瞑想など新しいアクティビティに挑戦できる機会が強制的に設けてくれたのも今となってみるとありがたいです。

 

時間があるので自分と向き合える

また、アーユルヴェーダののスケジュールはみっちり分単位で入っているのではなく、余裕を持ってスケジューリングされています。

その時間に読書をしたり、自分の未来について考えたり、自分と向き合う時間がまとまって取れるのもこのアーユルヴェーダに施設の魅力です。

 

ぼく自身、ホテルの一室のこのソファーに寝そべり読書をこれまでかというぐらいさせてもらいました。

ランニングで疲れが溜まって、なかなか抜けないで体調が優れない・・・・

という方はスリランカのアーユルヴェーダ施設に行ってみましょう。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す