最初の一歩を踏み出そう!ランニングが趣味として始めやすい7つの理由

初心者だけどランニングを趣味で始めたい・・・!

どうも、Kenです。のど飴、消化してます。

 

「何か新しい趣味を始めてみたいな・・・・」

と思う時があるかもしれませんが、そんな時にオススメしたいのが ランニングという趣味です。

ぼくは中学生の時から今に至るまで 15年ぐらいランニングを続けてきましたが、やはりランニングを趣味として始めやすく、また、続けやすい趣味であると実感しています。

 

 

ランニングが趣味として始めやすい7つの理由

今日はそんな何か趣味を探している方がランニングに興味を持ってもらえるように、ランニングが趣味として始めやすい理由を自分なりにまとめてみましたのでよかったら参考にしてみてください。

 

費用がかからないエコノミーな趣味

ランニングを趣味とすることのメリットとしては、

継続すること自体にお金がかからない

という経済的理由があります。

ランニングを趣味として始める際には初期費用として、

  • ランニングシューズ
  • T シャツ
  • ズボン
  • 靴下

などを購入する必要がありますが、これらのアイテムはすでに持っている場合もありますのでいきなりガチガチに揃える必要はありません。

そして、ぶっちゃけ、このランニングアイテムさえ揃えてしまえば、それ以外の追加でお金はかかることがありません。

近所を走るのは無料ですし、どれだけ走っても延滞料金や場所代など追加料金としてかかりません。

そのため、ランニングは超エコノミーな趣味と言えましょう。

初期投資以外に突発的に変動費として必要になってくるのは例えば、

  • ランニング大会のエントリー費用
  • 靴下、シューズなどが消耗した時に買い換える費用

ぐらいなので、変動費も少なく初期投資もそれほどかからない趣味だと思います。

 

一人でも始められる

やはりランニングはものすごくシンプルなスポーツで、一人でも始めることができます。

足を前に進めるだけですからね。

誰かと一緒に走る必要もありませんし、許可を取ったり、場所を探す必要もありません。

一人で走りたいと思った時にすぐ実施できるのがこのランニングという趣味の利点でしょう。

誰かと予定を合わせず、自分のスケジュールに組み込みやすいですね。

また、ランニングクラブに所属しなくても始めることができます。

大事なのは本人の意思だけです。

 

決断から実行までのスピードが速い

ランニングは「やろう」という意思が大事だと言いましたが、この「やろう」と思ってから実際走るまでの実行のスピードがものすごく早いです。

例えば、「今日走ろうかな」と決断したら、あとは着替えてランニングシューズをはいて自宅のドアを開けるだけ。

時間にして決断から5〜10分でランニングする準備ができて、すぐに走り始めることができるでしょう。

 

これはその他の趣味ではそう簡単にはいきません。

例えば、テニスの場合を考えてみましょう。

「テニスをやろう」と決断してからは様々なタスクが生じます。

テニスコートを予約したり、テニスの相手を探したり、テニスウェアに着替えたり、ガットを貼り直したり・・・・色々とやることがあると思います。

このようにテニスの場合、決断から実行まで障壁がありすぎて、よほどテニスやりたい欲がなければ実行までに至らないでしょう。

 

このように、他のスポーツにはない「決断してからやるまでのスピード」が圧倒的に早いのがランニンを趣味にするメリットだと思います。

始めるまでのハードルが低いので続けやすい趣味とも言えますね。

 

 

時間が短いのでスケジュールに組み込みやすい

ランニングという趣味は日々の生活のスケジュールに組み込みやすいです。

まずランニングする時間というものを自分で調整できます。

30分だけ走ってもいいですし、1時間走ってもいいです。

この「走る時間」というものは自分でコントロールできるので、ジョギングを自分のスケジュールに組み込みやすいですね。

そのため、ランニングは忙しいビジネスパーソンなどにも美味しい趣味だと思います。

 

また、ランニングする場所に移動するまでの時間も削減できているのがすごい。

自宅を出た瞬間、すぐにランニングできるので、地球そのものがランニングフィールドになっていて、ランニングする場所までの移動時間が省けている点も利点ですね。

 

 

どこでも走れる

どこでも走れるというのがありますね。

自宅から出てしまえばそこは全てランニングコースのようなものですので、繁華街を走ってもいいですし、川沿い走ってもいいですね。

道路があるならそこはすべてランニングコースになるので、ぶっちゃけどこでも走ることができます。

旅行先だって走ることができますし、実家に帰省した時だって走ることができますし、頑張れば山の中だって走れます。

このようにユビキタスの趣味はなかなか存在しないんじゃないですかね。

 

 

いつでも走れる

「どこでも」という利点に加えて、「いつでも」走るという利点があります。

朝だろうが夜だろうが昼だろうがランチの休憩時間だろうが、帰宅時間だろうが、どの時間帯に走ってもランニングできます。

また、走る時間帯によってランニング体験が異なるというのも魅力です。

例えば、朝に走るとかなり健やかな気分でその後の1日を過ごせるようになりますし、夜に走ると日中溜まったストレス解消になったり、仕事のアイディアが煮詰まった時に走ると問題が解決につながるときがあります。

このようにいつの時間帯に走っても楽しむことができ、また時間帯によってランニングの魅力が変わってくるのが面白いと思います。

 

健康にいいので周囲から止められない

またランニングが趣味というものは「健康に良い」とされているので、周囲から止められることもなく自由気ままに没頭することができます。

「ほんと、ランニングだけはやらないでちょうだい」

なんて叱られる心配は0に等しいです。

 

ただし、ランニングのやりすぎに注意。

やりすぎるとランニングの怪我につながってしまうことがあります。

例えば、腸脛靭帯炎(膝の外側の痛み)や足底筋膜炎(足裏がピキッとなるやつ)などになってしまう可能性があります。

趣味としてランニングするのであれば、練習はほどほどにし、やりすぎは NG です。

市民プロランナーを目指すのであれば話は別ですけどね。

 

 

さあ、ランニングを趣味にして走り始めてみよう

という感じで、ランニングは趣味として始めやすいです。

まだ趣味がなくて何か新しいことを始めたいなと思っている方にはランニングがぴったり。

ドアを開けて走り出すだけで簡単にランニングは始められますので、まずは最初の一歩を踏み出してみましょう。

 

「ランニング始めたけど継続できない・・・」

と悩んでいる方は「ランニングの習慣を身につけるコツ」も参考にしてみてくださいね。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す