ブレを抑制できた!ランニング動画をジンバルで撮影してみた話

ランニング中の動画は撮影できるけど・・・ブレる・・!

ランニングが好きで、色々なマラソン大会に出ている方ならば

走っている自分の目線で動画を撮ってみたい

と思うことがあるかもしれません。

僕自身、ランナー目線のランニング動画の撮影は何回か試みていてチャレンジを繰り返してきました。

最初はアクションカメラのゴープロを頭につけて撮影して見たのですが、ブレが発生!

いや、そりゃブレますよね笑

これでは満足いかなかったので、Gear 360で360度動画のランニング動画を撮影したりしてみましたが、やはりブレる!

ランニングは上下動をゼロにできない運動なので、いくら気をつけてもランニング動画がブレてしまうではありませんか。

実際に僕が撮影したランニング動画を見ていると、若干酔ってしまいます。

この「ブレによる酔い問題」を解決しなければ、ランニング動画に未来はないでしょうね。

 

 

動画撮影のブレを抑えるアイテム「ジンバル」があった

そこで使ってみたのが、

ジンバル

というアイテムです。

 

簡単にいうと、動画を撮影する時のブレを抑えるための機械のこと。

ドローンの空撮を実現するために開発された背景があるので、ドローンの会社がジンバルも売っていますね。

僕が今回試してみたのは中国のドローン会社DJIが発売している、

OSMO MOBILE 2

というジンバル。

スマホを繋げるタイプなので、ジンバル本体だけの価格でよく、他のシンバルと比べて安いのが魅力ですね。

このOSMO MOBILE 2を使えば、歩きながらブレずに動画を撮影できます。

歩きのブレが抑えられていて、まるでプロのカメラマンが撮影したような

ヌメっとした滑らかな動画

を撮影できるようになるのです。

いやあテクノロジー素晴らしいですね。

 

 

ジンバルを持って走ってみた

ということで、このジンバルを持ってランニング動画を撮影してみました。

ただ、このジンバルは自撮り棒のようなものなので、自撮り棒を片手に走っているような姿になります。

今回2oメートルほど走ってみたんですが、撮影できた映像はこんな感じ。

普通にランニング動画を撮った時よりもブレが抑えられていて素晴らしいと思います。

ただ、片手が塞がれているのはランナーにとっては手痛すぎます。

 

腕振りは左右のバランス調整や、推進力を得るために必要な動作。

ジンバルを持ったままでは長距離のランニングの動画は撮影できないのが現状です。

 

理想はドローンのように、重心・中心に近い位置でジンバルを固定できたらいいんですけどね。

具体的にいうならば、

  • 頭の上にぶら下げる
  • 胸の前に取りつけるか

の2択。

 

ただ、現状ではこのようにランニングに特化したジンバルは発売されていないようなので、ランナー向けのジンバル発売を期待するしかないですね。

ジンバルによるランニング動画の撮影には可能性を感じたので、これからもこのテクノロジーの動向はチェックしていきたいと思います。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す