ブレを抑制できた!ランニング動画をジンバルで撮影してみた話




ランニング動画は撮影できるけど・・・ブレる・・!

ランニングが好きで、色々なマラソン大会に出ると、

ランナー目線の動画を撮ってみたい

と思うかもしれません。

僕自身、ランニング動画の撮影にチャレンジしてきました。

アクションカメラのゴープロを頭につけて撮影したところ、

ブレが発生!

もちろん、これでは満足できません。

今度は「Gear 360」で360度ランニング動画を撮影しましたが、

やはりブレる!

ランニングは上下動をゼロにできない運動です。

いくら気をつけてもブレるではありませんか。

ランニング動画をみると、酔ってしまいますね。

「ブレによる酔い問題」を解決しなければ、ランニング動画に未来はないでしょう。

 

 

動画撮影のブレを抑えるアイテム「ジンバル」があった

そこで使ってみたのが、

ジンバルです。

 

これは、動画撮影時のブレを抑える機械のこと

ドローン空撮のために開発された背景があるので、ドローン会社がジンバルも売っていますね。

僕が今回試してみたのは中国のDJIが発売している、

OSMO MOBILE 2

というジンバル。

スマホを繋げるタイプです。

OSMO MOBILE 2を使えば、歩きながらブレずに動画を撮影できます。

歩きのブレが抑えられ、プロが撮影したような

ヌメっとした滑らかな動画

を撮影できるのです。

テクノロジー、素晴らしいですね。

 

 

ジンバルを持って走ってみた

ということで、ジンバルを持ってランニングしてみました。

ジンバルは自撮り棒のようなもの。

自撮り棒を片手に走ります。

 

20メートルほど走った結果、誕生した映像はこちら。

ブレが抑えられていて素晴らしいと思います。

ただ、片手が塞がれるのはランナーにとっては致命的で、腕振りのバランスが崩れちゃいますね。

ジンバルを持ったまま長距離走るのはつらいです。

 

理想はドローンのように、左右の中心でジンバルを固定できたらいいんですけどね。

  • 頭の上にぶら下げる
  • 胸の前に取りつけるか

などが理想。

 

ただ、現状では「ランニングに特化したジンバル」は発売されていません。

今後の「ランナー向けジンバル」の発売に期待しましょう。

ブレずにランニング動画を撮影したい方は「OSMO MOBILE 2」を試してみてください。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。