暑さに負けない!しんどい夏のランニングを乗り切る6つのコツ

夏のランニングは正直しんどい・・・!

ランナーにとって「夏」というものは本当にしんどいですよね?

暑い中走ると汗はかくし疲れやすくなり、何よりも、いやあ、しんどい。夏のランニングなんて辞めたくなるのは読者の方だけではありません。

マラソンは夏はオフシーズンといってもよく、長距離のレースは夏に開催されるのは稀。夏に行われるマラソン大会なんてオリンピックぐらいですよね。

そんな厳しい夏の暑さの中でも走りたいというストイックなランナーの方のために、

夏のランニングを制するコツ

を紹介します。

 

暑い夏にも負けない!夏のランニングを制する6つのコツ

コツは次の6つ。

 

走る時間帯は日没前後

夏のランニングはできるだけ涼しい時間帯に行うのがベストです。

1日の中で涼しい時間帯は、

  • 早朝

日差しの影響が少ない2パターンが考えられますね。試しに2019年8月17日の気温変化を見てみても、

  • 5am~7amの早朝:27~29℃
  • 18pm~20pm :28~30℃

というようにギリギリ30℃切るか切らないかの気温になっています。

 

 

僕がおすすめなのが、

日没直後の夜の入り口に走る

ということです。

具体的な時間でいうと、8月の日没が東京で18:30ごろなので、

18:30〜20:00

ですね。

日没直後は日が沈んで徐々に気温が下がっていくので、走り始めよりも気温が上がるということはありません。

走るぶんだけ涼しくなっていく時間帯になっています。

しかも、日没直後なので、まだあたりが明るくて暗闇を走るわけではないので安全でもあります。

 

一方、早朝の時間帯は、日の出直後に走れば涼しいですが、夏の日の出ははやい・・・!

8月の日の出が東京で朝5時ごろですからね。

そのため、その日の出の時間から出遅れて寝坊してしまうと、

熱い午前中走ることになってしまいます。

時間が経つごとに気温が上がっていくので、走れば走るほど暑い中を走ることになる、という地獄が待っています。

ということで、夏のランニングは朝よりも夜、どちらかというと、日没直後の夜の入り口に走るのがいいですよ。

 

暑さに耐えられない時はジムで走る

それでも外が暑すぎて、

「夜でも走る気がしない。。。」

という時がありますよね。

そんな時にオススメなのが、

ジムのトレッドミルで走る

ということです。

エニイタイムフィットネス 口コミ

「ジムで走るのは景色が変わらないし単調でつまらない」

というイメージがあるかもしれませんが、実は、

空調の効いた部屋で涼しい部屋で走れる

というメリットがあるのです。

>>詳しくは「ジムでランニングするメリット・デメリット」へ

 

ジムで走れば汗の量も少なくなりますし、日差しを浴びて日焼けすることもありません。

外を走るランニングと比べると快適に走ることができます。

僕自身、エニタイムフィットネスというジムに通っていて、暑さに耐えきれない日は室内のトレッドミルで走ることにしてます。

 

おすすめの服装は「 T シャツ」と「ランニングパンツ」

あとは夏のランニングのおすすめの服装ですね。

僕がおすすめなのは、

上は T シャツ、下はランニングパンツ

という服装です。

 

 

もちろん、駅伝選手が着るような「ランシャツ&ランパン」が最強に涼しい服装ではあるんですが、ここまで露出度をあげてしまうと恥ずかしいという方がいるかもしれません。

僕自身、恥ずかしくてなかなか街中をランシャツ&ランパンのフル装備で走ることはないですね。

 

そこでオススメは、

下半身だけ駅伝選手のような「ランニングパンツ」で走るということです。

 

ランニングパンツが初めての方のために補足しておくと、ランパンとは、

腿の上までしかない超短いパンツ

です。

中にインナーのパンツが内蔵されているので、中に下着を履く必要がなく、下半身はランニングパンツを履くだけで走れるのです。

露出度が高くなる分、着用するウェア数が少ないので圧倒的に涼しいです。

 

ただし、 T シャツの丈には要注意。

丈が長すぎると、

下は何も履いていないで走っている

ように見えてしまいます笑

長すぎる場合は 、T シャツを中にインして走るのをおすすめしますね。

ほぼ太腿が露出して走ることになりますが、その分超涼しい。半ズボンとか比べ物にならないですね。

 

サングラスファースト

夏の日焼け対策のグッズは色々ありますが、中でもオススメなのがサングラスです。

何もかけずに No protection で走ると、日差しを受けて目をすぼめたり、紫外線が目から侵入してくることでダメージを受けて疲れやすくなってしまうことがあります。

そこで熱い夏に走る前にサングラスをかけるといいでしょう。

 

サングラスは日よけ対策になるだけでなく、

  • かけるだけでいい手軽さ
  • 洗濯せずに再利用できる
  • 虫対策にもなる
  • 正体を隠せる

というメリットもあります。

ただ、ランニングのサングラスは結構高いのが難点。そこで僕は、

ダイソーで購入した100円のサングラス

をつけて走ってます笑

 

水分だけでなく塩分も補給する

やはり夏場のランニングは汗をかきますので、汗をかいたら水分補給したいですよね。

その際に気をつけたいのが、

塩分濃度を薄めないようにする

ということです。

そのために、水分と同時に同時に塩分も摂取するといいですね。

塩分濃度が薄まってしまうと疲れやすくなったり熱中症にかかったりします。

塩分濃度をキープするために梅干しを食べたり、塩分タブレットを利用するといいでしょう。

 

ウエストポーチで水分補給

「夏のランニングでも長時間走りたい」

というクレイジーなランナーもいるかもしれません。

そんな方におすすめなのは、

ウエストポーチで水分を持ち運びながら走る

という方法ですね。

 

マネージャーがいないし、仲間がいないという単独ランナーの方は、自分で水分を用意しなければなりません。

そんな時は、ボトルが運べるウエストポーチをつけながら走るといいです。

世の中にはいろいろなウェストポーチが出ていて、ボトルが入るタイプもあります。

ランニング中に水分補給する方法として、現金や電子マネーを持って走って、途中で水分を購入する方法があるんですが、これだと一回で飲み切らないといけません。

それよりは持ち運びながら水分を補給するのが無難な方法だと思います。

 

 

夏のランニングは工夫を凝らして乗り切ろう!

以上が夏のランニングを制するコツでした。

夏というシーズンはマラソンの本シーズンでないので、ぶっちゃけ休んでもいいですが、

夏に走った距離が、秋・冬で生きてきます。

これから訪れる マラソンシーズンで自己ベストを出したい方は夏の暑さにも負けず工夫を凝らして距離を積んでみてください。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す