バターコーヒー専門店!最強のバターコーヒーに行ってみた




 

フリースタイルリブレを使い始めて、低糖質の食事に目覚めました。

糖質を控えると、

  1. タンパク質
  2. 脂質

の2栄養素からエネルギーを摂取することになりなります。

そこで鍵になってくるのが、

いかに良質なエネルギーに変わりやすい油を摂取するか、です。

 

そこで選択肢に上がってきたのが「バターコーヒー」。

『最強の食事』で紹介されていたこのバターコーヒーは、

コーヒーにバターとココナッツオイルを混ぜたドリンクのこと。

朝、1杯のバターコーヒーを飲むという方法なのだ。腸内の「痩せ型」細菌を養う抗酸化物質が豊富でインスリン感受性を高める(血糖値を安定させる)などの効果があるコーヒーに、バター(大さじ2杯まで)とココナッツオイル(大さじ2杯まで)を混ぜて良質の脂肪を摂取するというものだ。良質の脂肪を充分に摂っている限り、脳はむやみに空腹感を起こさず、ファスティングの状態が持続するので、腹を空かさずに断食のメリットが得られる。

デイヴ・アスプリー. シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.3834-3839). Kindle 版.

これを飲むと、糖質ではなくケトン体をエネルギーとした回路が使われやすくなり、脂質を燃やしてエネルギーを作れるのです。

糖を取らなくても、エネルギー切れにならないのですね。

加えて、このバターコーヒーを朝に飲めべば、朝食を抜いてもエネルギー切れになりません。

朝食を抜きにすることで、前日の夕食から18時間断食できるので、腸を休めて腸内環境を整えられるというおまけもついてきます。

 

そんな低糖質の食生活に欠かせないバターコーヒーですが、日本に「バターコーヒー専門店」が存在しているんです。

その名も、

最強のバターコーヒー

ですね。

こちらの店舗は東京の

  • 代々木
  • 池袋
  • 神田

の3店舗存在していて、その名の通り、バターコーヒーを飲めるお店。

いつかは自分でバターコーヒーを作ってみたかったのですが、まずはプロが作ったバターコーヒーはどのようなコーヒーなのか?

そして、どんな味がすればバターコーヒーなのかを知りたかったので「最強のバターコーヒー」にバターコーヒーを飲みに行ってみました。

 

「最強のバターコーヒー代々木店」に行ってみた

初めて訪れたのはバターコーヒーの代々木店。

代々木駅からアクセスは抜群。

JR代々木駅から徒歩30秒ぐらいで着けちゃうお店。

店内に飲食スペースはなく、全てテイクアウトのコーヒースタンドのようなお店。

メニューは以下の通りです。

バターコーヒー、プレミアムコーヒー、ギーコーヒーとあり、その他にも

  • カフェインレスのコーヒー
  • バター紅茶
  • バタールイボスティー

などバター・MCTオイルを使ったドリンクが売られています。コーヒー以外もあるので、コーヒーが苦手な方にも嬉しいですね。

 

そして面白いのが「MCTオイルの量」を調整できること。

  • 5 cc
  • 10 cc
  • 15 cc

の3段階で選べ、通常の適量は15cc。

ただ、初めての方は「5 cc」をオススメしているようです。

なぜなら、MCTオイルには整腸作用があるため、飲んだ後にお腹がゆるくなってしまうからです。

MCTオイルの量を2倍にできるというオプションも付いていて、こちらはプラス100円。

 

初回は夕方近くに行ったので、カフェインレスのバターコーヒーを注文。

バターとMCTオイルが入ることで、色は牛乳を混ぜたかのように薄茶色でした。

飲んでみると、やはりバターの味がします。

そして、ものすごくクリーミー。

 

「これがバターコーヒーなのか・・・・」

 

飲んだ後は身体があったまってくる感覚がありましたね。

それから、噂通り、バターコーヒーを摂取した後はお腹が緩くなって、少し経ったら便がメリメリ出たのを覚えています。

僕は初回にもかかわらず、MCTオイルを15 ccにしましたが、腸が心配な方は、MCTオイルを「5 cc」から始めるのがいいかもしれません。

 

先ほど紹介した『最強の食事』にも

MCTオイルは悲惨なパンツに最大の影響をもたらす強力な食材だ。コーヒーにMCTオイルを加える際は、ゆっくりとやること。小さじ1杯から始めて徐々に増やしていこう。多ければいいわけじゃない!

デイヴ・アスプリー. シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 (Japanese Edition) (Kindle の位置No.3706-3708). Kindle 版.

と整腸作用が挙げられていて、初心者を飲みすぎると「悲惨なパンツ」になる、と。

僕は家で腸が暴れ出したので「悲惨なパンツ」を避けられましたのが幸運でした。

最初の1杯目以降、最強のバターコーヒーにはまってしまい、朝にバターコーヒーを飲んで、朝食を抜く習慣になりました。

  • カフェイン入りのバターコーヒー
  • プレミアムバターコーヒー
  • バターコーヒー

にも挑戦してみましたが、やはりいい、うまいです。

バターコーヒーを摂取すると、不思議とお腹が減らないのですよ。

朝食はバターコーヒーのみで糖質を摂取せず、ケトン体でエネルギーを作り出すと、

  • 便がよく出る
  • 頭押さえる

などのいいことも起こります。

もう元には戻れませんね。

 

最強のバターコーヒー池袋店にも行ってみた

代々木店以外の池袋店にも行ってみました。

こちらは代々木店とは打って変わって、イートインができるカフェのようなレストラン。

せっかくなので、昼時に行ってグルテンフリーの唐揚げセットを注文。

 

それから、ライスの代わりにバターコーヒーを飲みました。

血糖値が上がりませんし、グルテンフリーなので頭がもやもやすることもありません。

食後の気怠るさは全くありませんでした。

そして、グルテンフリーだろうが、美味しい唐揚げで、食事の味付けにも大満足。

店内で食べたり中で休みたいという方は、最強のバターコーヒー池袋店はオススメですね。

 

MCTオイル・ギーを買った

それ以来、バターコーヒー中毒になってしまい、すっかりお得意様に。

ただ、普通のコーヒーと比べて最強のバターコーヒーは値段が高いです。

家計を圧迫しつつありましたので、

自分でバターコーヒーを自作する方法を模索し始めたのです。

 

最強のバターコーヒーでは、ありがたいことにバターコーヒーを作るための材料が店舗内で売っています。

グラスフェッドのバター、ギー、MCTオイルなどなど。

僕は冷蔵庫を持っていなかったので、バターは保存できそうになく、常温保存できる「ギー」を混ぜてギーコーヒーを作ることにしました。

試しにスティックと缶詰の2タイプを購入。

MCTオイルはスティックタイプが売っていなかったので「Bioble Tokyo」でスティックタイプのMCTオイルを購入。

これでバターコーヒーを自作する準備が整いました。

試しにベローチェのホットコーヒーにMCTオイルとギーを入れてみましたが、最強のバターコーヒーのように色は茶色にならず。

油も少し分離してしまっていて、再現は難しかったです。

やはりMCTオイルとギーはミキサーなどでしっかり混ぜる必要があるのでしょう。

このバターコーヒーの自作は案外で深い分野なので、勉強して自分の満足いく形コーヒーを作れるようにしたいと思います。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。