コンビニでたんぱく質補給!ザバスのミルクプロテインがおすすめ




コンビニでたんぱく質補給したい時はどうする?

タンパク質は「筋肉の材料」にもなる重要な栄養素。

筋肉だけに留まらず、髪の毛、爪、肌を作ってくれますし、何よりも免疫力を高めてくれます。

僕自身、これまでタンパク質を意識せずに生きてきましたが『最強の食べ方』を読んで意識が変わりました。

「1日のタンパク質摂取量」を意識するようになったのです。

 

今では食事ごとに「タンパク質不足の食事」がわかるようになってきて、

「これじゃあタンパク質不足やわ・・・」

と栄養素の偏りに気づけるようになりました。

 

「タンパク質が足りていないとき」は書籍内で紹介されていた通り、コンビニでチキンサラダを購入することもしばしば。

ライザップ チキンサラダバー

しかしながら、やったことがある方はわかると思いますが、

チキンサラダ単体で食べるのはきついのです。

消化に時間がかかり、腹がぐるぐる回りますし、胸が苦しくなってきます。

数回、コンビニでサラダチキンを購入してみましたが、苦しくてやめてしまったのです。

 

そこで、僕と同じように「サラダチキン」に息苦しさを感じている方は、同じコンビニで買える

ザバス(SAVAS)のミルクプロテイン

をおすすめします。

 

 

ザバスのミルクプロテインとはどういう飲み物??

200mlの小型飲料。

「乳」に由来するタンパク質の「ミルクプロテイン」が12.5〜15g含有されています。

気になる味は、

  1. チョコ
  2. バニラ
  3. バナナ
  4. ミルク
  5. マンゴー
  6. ベリー
  7. ミルクティー

の7種類。

あまりにも好きすぎて、全部飲みましたが、どれもこれも美味いです。

味付けはまるで「味付きの牛乳」を飲んでいるかの如く。

たとえば、コーヒーミルク、フルーツオレなどですね。

「娯楽飲料」に近い飲み心地なので、タンパク質を補給という本来の目的を忘れてしまうほど。

 

個人的には「チョコ味」が好み。

 

かつて飲んでいたホエイプロテイン に味がそっくりなのですね。

 

ミルクプロテインを飲むときは、サラダチキンのような苦しさはありません。

気軽にタンパク質を補えます。

各味の栄養表示はこんな感じ(1本200 ml中)↓

ドリンクの味 バニラ・ミルク・バナナ・チョコ ベリー・マンゴー味
カロリー 102 kcal 77 kcal
たんぱく質 15.0 g 12.5 g
脂質 0 g 0 g
炭水化物 10.4 g 6.7 g
食塩相当量 0.24 g 0.17 g
カルシウム 447 mg 340 mg
ビタミンB6 0.65 mg 0.65 mg
3.4 mg
ビタミンB12 1.6 μg
葉酸 130 μg

チョコ・バナナ・ミルク・バニラはタンパク質が15 g 入っていて、タンパク質が多め。

一方、ベリー・マンゴー味はタンパク質含有量は12.5gに落ちますが、その分「鉄・ビタミンB12・葉酸」が含まれています。

 

いや、ほんと、こういう飲料を待っていました。

プロテインパウダーを持ち運ぶのはボディビルダーにとって当たり前かもしれませんが、一般人にとっては大変すぎます。

粉の重量を計量する必要ありますし、溶かす水を逐次購入せねばなりません。

かといって、サラダチキン単体で食べるのは苦しいです。

 

以前、SAVASシリーズでは大きめの「500 ml タイプ」が発売されていました。

15gぐらいのタンパク質を摂取できるのですが、なんせ、量が多すぎました。

飲み干すのがつらくて、糖分含有量が多いのでカロリーも上がります。

 

今回登場したザバスのミルクプロテイン(200 ml)はまさに渇望していた飲料。

プロテインをコンビニで販売してくれた画期的な製品なのです。

コンビニでタンパク質を補給したい方は試してみてくださいね。

 

それでは!

Ken

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。