3分でわかる!シンガポールマラソンとはどんなレース??

シンガポールマラソンとはどんな大会なの??

どうも、Kenです。ナン、ちぎりました。

 

先日、シンガポールマラソンのフルマラソンの部に出場し、無事完走して日本に帰還できました。

3:30分を目標に走ってみたのですが、30km過ぎでメンタルと足をやられ失速。

結果的に3:30をきれずに終わってしまいましたが、まあ無事で帰ってこれてよかった笑

今日はこのシンガポールマラソンの概要をまとめておきますので、興味がある方はよかったら参考にしてみてくださいね。

 

シンガポールマラソンの種目・参加費

種目は次の4種類。

<第1次締切り日>
2018年9月10日(月)必着
<最終締切り日>
2018年10月29日(月)必着
フルマラソン(42.195km) 12,000円 14,000円
ハーフマラソン(21.0975km) 10,500円 12,000円
10kmレース 9,500円 10,500円
5kmファンラン 6,500円 7,500円

シンガポールマラソン公式ページより引用

 

フルマラソンだけでなくハーフマラソン、気軽に参加できる10km・5kmまであるので、老若男女が楽しめる大会に仕上がっていますね。

参加料金はホノルルマラソンと同じく、申し込みが早ければディスカウントで安く参加できるみたいです。

 

ただし、5 km と10 km は、マラソン前日の土曜日の開催となります。

翌日の日曜日にハーフマラソンとフルマラソンが開催されるので、開催日の違いには注意しておきましょう。

 

シンガポールマラソンのスケジュール

スケジュールはマラソンタイムごとに異なるようでした。

種目 フルマラソン ハーフマラソン スタート時間
PEN-A 3時間00分以内(男子)
3時間30分以内(女子)
4:35
PEN-B 3時間00分~ 3時間30分 1時間45分以内  4:40
PEN-C 3時間31分~4時間00分 1時間46分~2時間00分  4:45
PEN-D 4時間01分~4時間30分 2時間01分~2時間15分  4:50
PEN-E 4時間31分~5時間00分 2時間16分~2時間30分  5:00
PEN-F 5時間01分~6時間00分 2時間31分~3時間00分  5:10
PEN-G 6時間01分以上 3時間01分以上  5:20

シンガポールマラソン公式ページより引用

 

申告したタイムごとに「PEN」と呼ばれるグループにカテゴライズされていて、 A から G のグループにわかれていました。

申告タイムが速いA〜Cは、早朝の3時半に集合することを推奨されています。

D〜F はその1時間後の4時半が推奨集合時間になっていましたね。

 

ぼくはマラソンのタイムを若干盛って、3:30と申告していたのでPEN-Bに分類されることになり、スタートは4:40amごろでした笑

このマラソン大会では、グループごとにウェーブスタートとなっていて、一斉にスタートするわけではありませんでした。

スタート時間だけでなく、手荷物預かりなどもグループ単位で行われるので、出場前に自分のPENを確認しておくといいですね。

一応、号砲からのグロスタイムも存在していました。

グループごとによって出走時間が異なるので、あまり気にしなくてもいいです。

ただ、関門の制限時間は容赦無くグロスタイム基準になっているので注意が必要です。

 

シンガポールマラソンのコース

市街地を西から東に横方向に移動するようなコースでした。

アップダウンが少なく、平地が多いので走りやすいコースだったと思います。

http://www.sports-info.co.jp/singapore2018/image/Route_Full2.jpgより

 

通過するオブジェとしては

  • Raffles Hotel
  • War Memorial Park
  • Adrew’s Cathedral
  • 国立博物館
  • マーライオン
  • ガーデンズバイザベイ
  • フライヤー
  • マリナーベイサンドホテル

など様々。

走るだけでシンガポール観光ができるといっても過言ではないですね。

ただし、スタート時間が早朝(4~5時)になり、ほとんど暗闇を走ることになります。

まあ、景色がよくわからない時間帯の方が多いです笑

 

距離表示について

距離表示はものすごく細かい。

1 km ごとに距離表示が設置されていたので、ラップが取りやすく、どれくらいのタイムで走っているのか把握しやすかったですね。

逆に言うと、距離の表示が細かすぎて、自分の現状(何km走ってきたのか)を細かく知ることになるのできついっちゃきついです笑

 

給水について

給水は2 km ごとで、かなり頻繁に給水ポイントが出現しました。

近年稀に見る給水所の多さで、あまりにも頻繁に出てきたので

「いや、これ逆にありすぎて飲みすぎちゃうやろ」

と思うぐらいでしたね。

2 km ごとに給水がありましたので、42.195km 走ると、

21回も給水できることを意味していて、無茶苦茶は手厚くランナーをサポートしてくれていることがわかります。

 

また、4 km ごとにスポーツドリンクを支給してくれて、食事に関しても

  • 11.6 km
  • 23.6 km
  • 32.7 km

の3箇所でバナナ・エナジージェルなどを支給してくれます。

自分で持ってエナジージェルを持って走る必要もないといえばないです。

 

誰が出ているのか

似たような海外のマラソン大会にホノルルマラソンがあります。

このマラソンでは、約半分が日本人で占めていて、「日本人マラソン」と揶揄されることが多いです。

ホノルルマラソン 体験談

それでは、このシンガポールマラソンはどうなのでしょうか??

ぶっちゃけいますと、日本人はものすごく少なく、すれ違っても誰が日本人なのかはわからないです笑

なぜなら、シンガポールの方はだいたい中華系だからです。

人種的に日本人に似ていますので、誰が日本人なのかわかりませんでした笑

後日、公式ページを確認してみたところ、

2018年12月8日(土)・9日(日)の両日、快晴&微風のランナーには絶好の気象条件のもと、全種目参加ランナー数46,096名(うち日本人ランナーは1,969名参加)により、本大会は無事終了致しました。完走された日本人ランナーの皆様、誠におめでとうございました!

と書いてありましたので、2000人弱の日本人が出場していたことになります。

いやああわからんかったなああ〜

割合としては4.2%が日本人。

50%が日本人のホノルルマラソンと比べると、現地のランナーと一緒に走れる大会として捉えることができるでしょう。

 

 

シンガポールマラソンはアジアのホノルルマラソンだ

以上がシンガポールマラソンの概要でした。

シンガポールマラソンはサポート体制もしっかりしていて、日本語対応の事務局まで存在していました。

参加前の不安がありませんでしたね。

 

前回参加した海外マラソンの「コロンボマラソン」と比較すると、

「こんなにもマラソンを安心して走れるのか・・・・」

とその差に愕然w

 

しっかりしたサポート体制は去年同じ時期に出場したホノルルマラソンを思わせるようでした。

シンガポールマラソンは、

アジアのホノルルマラソン

と呼んでもおかしくないでしょう。近場の海外レースを探している人にぜひおすすめしたいマラソン大会です。

申し込みはランネットからどうぞ↓

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す