男性でも問題なし!ヨガプラスのプライベートレッスンを体験してきた話

 

 

スリランカのアーユルヴェーダでヨガを経験してから、

  • 若干柔らかくなった
  • 体感覚が鋭くなった
  • なぜかスッキリする

というヨガの良さを実感していましたので、日本に帰ってからもヨガを続けたいと思い、スクールを探してみました。

まだ日本では男性のヨガを禁止する教室があり、男性の僕としてはビクビクしながら教室を探すことになったのですが、近所に「ヨガプラス」というヨガ教室を発見。

こちらのヨガ教室は男性でもOKと書いてありましたし、何よりもプライベートレッスンで1:1でヨガを教えてもらえる体験もできると書いてあったのでここに決めました。

 

物は試しとまずは体験レッスンに申し込んでみたんですが、実はこのヨガプラスの体験レッスンは

  1. グループレッスン
  2. プライベートレッスン

の2種類が存在していて、両方とも無料ではなく、有料での体験になります。

グループレッスンは1,000円、プライベートレッスンは3回で15,000円という料金がかかってしまうのです。

僕は体験に申し込むときに完全に無料だと思っていたので、何も考えず申し込んでプライベートレッスンに申し込んでしまい、3回もプライベートで一対一のレッスンを受けることになりました笑

なぜ、プライベートレッスンにしたかと言うと、男性のヨガを禁止しているところも多く、男一人でヨガのグループレッスンに入り込むのが億劫だったので、まずはプライベートレッスンの体験に申し込んだのです。

まあ、体験が無料ではなかったというハプニングもありましたが、何はともあれヨガプラスのプライベートレッスンを3回体験してきましたのでその概要と感想をまとめておきます。

 

 

ヨガプラスの体験レッスンの持ち物

体験レッスンにはヨガマットを持っていく必要がなく、

運動する格好

で大丈夫です。

服装も本格的なものを準備する必要がなく、ランニングをする時のような

半袖に短パン

という格好でいいと思います。

室内は温度管理が徹底されていて、このようなは真夏の服装でも冬であろうが寒くなかったので大丈夫です。

僕は初日のレッスンでどんな服装をしたらいいかわからなかったので、とりあえずレンタルウェアを借りてみました。

ガチガチのヨガスーツが出てくると思っていたのですが、普通の半袖・半ズボンだったので2回目からは自分で持って行くことにしました笑

ヨガプラス 体験

ちなみに、レンタルウェアの料金は上下それぞれ220円(税込)。

上下でレンタルすると440円のレンタル料金がかかりますのでご注意ください。

 

 

プライベートレッスンの体験の流れ

どのような感じでヨガプラスのプライベート体験レッスンが流れていくのか見ていきましょう。

 

着替える

まずは教室に入ると明るい声で挨拶してもらいますので挨拶を返します。

挨拶し終わると、更衣室に案内されますのでそこで着替えることになります。

もちろん男女別々で、しかもロッカーがついていて鍵をかけられるようになっていますので、手荷物に関しては安全ですね。

ヨガプラス 体験

またシャワーがついていてヨガ後に汗を流せるようにもなっていました。

ヨガプラス 体験

ヨガ後に仕事やデートに行く、ということも頑張ればできるでしょう。

 

一対一のレッスン開始

着替え終わりましたら受付に直行。

すると、受付の横に何やら暖簾のようなものがかかってるので、仕切られた空間ができています。

そこにヨガマットが敷いてありますので、そこで講師と一対一でヨガのレッスンを受けていくことになります。

1レッスンあたり60分で、まず講師が説明してその通りに体を動かしてみる、ということを繰り返していきますね。

体験レッスンではこの60分プライベートレッスンを3回受けることになるわけです。

 

 

プライベートレッスンの体験の感想

ということで、プライベートレッスンの体験の感想を書いておきましょう。

 

1日目:ヨガ入門

まず1日目はイントロダクション。

ヨガを始めるきっかけを話したり、体のアンバランスを見たりしてもらいます。

僕の場合、若干親指が浮いていて、背骨のS字カーブがそりすぎていて、首が若干左に曲がっているみたいでした笑

この体のアンバランスをヨガのレッスンを通して解消していこうというわけです。

 

この診察が終わりますと、呼吸の観察の方法を教えてもらったり、ヨガの基本技を教えてもらいます。

 

僕が1日にやったのは「太陽礼拝」と「腕を伸ばすストレッチ」みたいもの。あとは猫のやつとかですね。まだ名前は覚えられません笑

難しかったのが「ダウンドッグ」。

  • 背筋を伸ばして
  • 腕の間に目線を
  • もっと腰を上げて

とか色々言われましたが、これがなかなか難しい。。

 

やはりプライベートレッスンなので自分のどの動きが間違っているか?

ということを細く指摘して修正してもらえるのがいいと思いましたね。

グループレッスンの場合、見よう見まねで周囲のヨガプレイヤーの動き見ながら頑張って連れて行かなきゃなりませんが、プライベートレッスンなら自分の間違っているところを指摘ってもらえるのでいいと思いました。

 

2日目:激しいヨガのポーズへ

2日目になると、1日目にやらなかった難易度の高いヨガ技を教えてもらいます。

詳しくは激しすぎて覚えていないのですが、「戦士のポーズ」と呼ばれるよくポスターになっている代表的なヨガのポーズであったり、後は難易度の高い「逆転」という逆立ちに近いポーズに挑戦しました。

が、しかし、やはりなかなか難易度が高く、プライベートレッスンで1対1で補助してもらいながらでしか挑戦できないようなポーズばかりでした。

ヨガ初心者から中級者になると挑戦できるポーズの未来まで見せてもらいたのがよかったと思います。

 

また、その技に準備段階のストレッチも進化していました。

ベルトのような器具を使って足を骨盤から伸ばす動きで、

「はい、もっとかかとを打ち出して〜」

とこれまでかというぐらいかかとを骨盤の外にグイグイと伸ばしていきました。

足がむちゃくちゃ伸びて、ストレッチ後に身長を測ったところ

166 cmだった僕の身長は168 cmに。

まさかヨガで身長が伸びるとは思いませんでした笑

 

3日目:ピラティスに挑戦

最後は趣旨を変えてヨガから派生した「ピラティス」というエクササイズに挑戦。

ピラティスとは、第二次世界対戦後のアメリカで開発されたエクササイズみたいです。

ストレッチポールのようなアイテムを使って、体を動かしていくものになるのですが、講師の方曰くヨガよりも楽なエクササイズだとか。

なにせ、軍人のリハビリのために作られたものですからね。

 

しかし、はじめてみると明らかにヨガよりも大変!笑

まずストレッチポールのようなものに体を預け、その状態で膝を上げ下げしてバランスを取ったり。後は両足を上げてボールに乗ってバランスを取ったり、首をぐいぐいポールで伸ばしたり、とにかくポールを使ってバランス感覚を鍛えるエクササイズをいくつかやっていきました。

このピラティスでは体感覚というよりは、体幹の筋肉のトレーニングになるなと感じましたね。

 

入会するかの決断

3回目の体験レッスンが終わると、今度は入会するかどうかの決断になります。

体験終了後に即入会すると入会金(10,800円)が無料になるという特典付き。

僕はこの入会金マジックに惑わされるのは嫌だったんですが、

「プライベートは高いのでグループで入りたいですね」

と告げると、担当してくれたヨガ講師の方も

「確かにグループで始めるのがいいかもね」

と後押ししてくれ、一回も体験しなかったグループレッスンで入会することに決めました笑

 

 

ヨガプラスなら男性でも大丈夫そう笑

男性が少なすぎることが心配だったのですが、きいてみると

「ヨガプラスは男性が多いから大丈夫」

といって寛容さをしめてしてくれたのが決め手になりました。

男性でもヨガをやるのがムチャクチャ不安だったのですが、

ヨガプラスのプライベートレッスンでお金はかかったものの、

日本のヨガ教室に通う

という経験を周囲を気にせず体験でき、さらにヨガの基礎から未来まで教えてもらえたのが良かったですね。

ぼくと同じように男性でヨガに興味があるけどちょっと肩身が狭いんじゃないかと思ってビビっている方はヨガプラスのプライベートレッスンを体験してみるのはありですね。

 

それでは!

Ken


The following two tabs change content below.
Ken
中学から陸上を続けて14年間走り続けてきたランニング愛好家。 19歳の時初めてのフルマラソンに出場し、サブスリーを達成。 走る楽しさを伝えるウェブメディア「RUNNIE」の編集及びライティング担当。

関連記事

コメントを残す